テスラFSD Beta V9、ロスからサンフランシスコまで完走!

from-la-to-sf TESLA News
この記事は約3分で読めます。

テスラの完全自動運転 FSD Beta V9.1ソフトウェアは先日、新たなマイルストーンを達成しました。レーダーデータを使用せずに、ロサンゼルスからサンフランシスコまでの距離を、離脱ゼロで走行することに成功したのです。これは、テスラのカメラ映像だけに頼る「ピュアビジョン・アプローチ」への大胆な移行が、完全自動運転を実現するための正しい戦略であることを示しています。

テスラモデル3のオーナーであり、FSDのベータテスターでもあるWhole Mars Catalogは先日、約380マイル(約610km)の旅の動画をYouTubeに投稿しました。この旅は、ロサンゼルスのSpaceX本社近くにあるテスラのスーパーチャージャーから、サンフランシスコを目的地に出発しました。相当距離のある旅のため、モデル3はケトルマンにあるスーパーチャージャーで充電しなければなりませんでした。短い充電時間の後、FSDベータ9.1はサンフランシスコへと向かいました。

この旅の途中に何の問題もありませんでしたが、それこそが注目すべき点です。映像は早送りになっていますが、FSD Beta V9.1が人間のドライバーと同じように振る舞っているのがよくわかります。交通量の多い道路を縫うように走り、都市部の道路を安全に通過しています。また、高速道路の走行も洗練されており、FSD Beta V9.1は長い道のりを快適な速度で走行することができています。

FSD Beta V9.1のロサンゼルスからサンフランシスコへの移動は、今年初めにレーダー+カメラを搭載したモデル3が達成した、サンフランシスコからロサンゼルスへの移動とよく似ています。

しかし、ピュアビジョンモデル3では、ケトルマンスーパーチャージャーのストールに車を停めたときなど、手動での運転が必要でした。また、モデル3がサンフランシスコとの境を越えた後の左折時にも、ドライバーは手動での運転を選択しています。

テスラの自動運転に対するアプローチは、自動運転ソフトウェアを開発している他の企業や自動車メーカーが追求しているものとはまったく異なります。このFSDベータ版では、多数のセンサーと事前にマッピングされたデータを使用する代わりに、AIとカメラ映像を利用して、人間のドライバーと同じようにテスラが道路をナビゲートできるようにしています。これは、高速道路や特定のジオフェンスで囲まれたエリアを事前にマッピングするよりもはるかに難しいことですが、このシステムが完成すると世界のどこでも実際に動作することができると考えられます。

ピュアビジョンへの移行は、テスラの熱烈なファンの間でも賛否両論あるとされていることのひとつです。しかし、これまでのFSDベータ9.1のパフォーマンスや、Whole Mars Catalogチームのロサンゼルスからサンフランシスコへのドライブなどを考えると、ピュア・ビジョン・アプローチで完全自動運転を追求するという同社の決断は、長い目で見れば実を結ぶ可能性があると言えそうです。

FSDベータ9.1が、ロサンゼルスからサンフランシスコまでのドライブを、離脱ゼロで完了した様子を以下のビデオでご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラに乗っているとわかると思いますが、ロスからサンフランシスコまでFSDで行くと、ずーっと「監視」が必要なので、普通に運転するよりかなり疲れるのが、現時点での「自動運転」の現実だと思います。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました