テスラ、FSDサブスクリプションは7月初旬に開始される可能性?

tesla-fsd-subscription TESLA News
この記事は約3分で読めます。

台湾のテスラ車ユーザーから寄せられた最新のデータによると、FSD(Full Self-Driving)サブスクリプションのサービスがほぼ完成し、7月初旬に開始されることが示唆されています。このサービスの開始は、テスラ車ユーザーに多くの新しい体験をもたらし、会社にも利益をもたらすはずです。

@hsumacher/Twitterは、テスラが台湾での新しいプロモーションの条件を共有したことを報告しました。同社は7月3日、6月30日までの新プログラムに関する情報を共有したメールを送信しました。
テスラ車の所有者が、2021年9月30日までに納車を受ける新規購入者を紹介した場合、両者にFSDの3ヵ月間の無料体験を提供するとのことです。
さらに、このメールには時間枠が明記されていました。紹介者のクルマが7月30日までに納車された場合は7月初旬に、9月30日までに納車された場合は10月にFSDが利用できるようになります。

この情報は、FSDサブスクリプションが2021年7月以前に準備されることを明確に示しています。なぜなら、サブスクリプション機能が準備された場合にのみ、FSDへの一時的なアクセスが可能になるからです。5月25日、テスラのCEOであるイーロン・マスクは、この機能が6月中旬に相当する約3週間後に顧客に提供されるとツイートしています。
このツイートでFSDサブスクリプションに加えて、Pure Visionへの移行やFSDベータ版のリリースなど、他の重要な機能にも同時に取り組んでいることを考えると、多少の遅れは仕方がないのかもと思います。

FSDサブスクリプションは、歓迎すべき機能であり、おそらくユーザーの要望の非常に多いものになるでしょう。FSDをサブスクリプションで注文することは、多くのユーザーにとって有益です。
第一に、FSDの権利は下取り価格に考慮されないため、頻繁に新車を購入するオーナーにとっては、期間限定でFSDを使用することがより有益になります。
次に、テスラ車をレンタルするような際にも、短期間の利用が可能になります。
現時点では、FSDのサブスクリプションがどのような期間、どのようなコストで利用できるかは不明です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

この6月末から7月初旬にかけて「紹介プログラムとセット」で展開されそうな感じですね。
国内では、モデル3がまたまた値上げしたようなので、「欲しいときが買い時」ですね。オンラインでのご購入の際は、上にもあるように「紹介プログラム」をお忘れなく!

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました