BYD、中国での2024年の週間EV販売台数で新記録を達成、主要モデルの発売を前に

TESLA News
スポンサーリンク

中国の大手電気自動車メーカーBYDは先週、本国でのEV販売台数で過去最高を記録しました。BYDは、世界の主要セグメントで新型EVを投入しており、この勢いは今後も続くと見られています。

BYD、5月の週間EV販売台数で過去最高を記録

モルガン・スタンレーが発表した新しいデータによると、最近の中国の連休から回復した電気自動車は先週、ガソリンエンジンのライバルを上回ったとのことです。

BYD、Liオート、Nioのような自動車メーカーはすべて、前週比で2桁の販売台数改善を達成しました。BYDは、先週の登録台数が30%増の69,500台となり、前週比で最大の改善を記録しました。

5月12日までのBYDの中国での登録台数は10万1300台です。BYDは、今年1~3月に世界で30万114台のEVを販売し、前年同期比13.4%増となりました。BYDは4月にも13万4465台のEVを販売し、2023年4月比で17%増加、2024年1~4月までのBYDの電気自動車販売累計台数は43万4,579台となっています。

Liオートなどの他の国内EVメーカーは、販売台数が50%増加し、約8,000台となり、Nioは新しいプロモーションで販売台数を4,400台に押し上げ、23%の改善をしました。

BYD SEAL (Source: BYD)

Nioは水曜日、大衆車ブランド「Onvo」初のEV、電気SUV「L60」を発表し、わずか30,500ドル(219,900人民元)からスタートし、NioはテスラのモデルYに対抗することを目指しています。

一方、テスラの中国での販売台数は先週11%減少し、約9,800台です。中国乗用車協会のデータによると、テスラの4月の中国での販売台数は3万1421台で、3月の6万2398台から50%近く減少しました。

BYD Atto 3 production (Source: BYD)

新モデル発表

BYDは先週、テスラモデルYのライバルとなるBYDシーライオン07を発表しました。このBYD シーライオン 07は、新しいeプラットフォーム3.0 Evoをベースとした初のEVで、価格は26,250ドル(189,900人民元)からです。元ランボルギーニとアウディのデザイナー、ウォルフガング・エッガーがデザインしたこの電気SUVのデザインには、象徴的なブランドからの影響が見て取れます。

BYD Sea Lion 07

この新しい電動SUVには3つのパワートレインがあり、2つのシングルモーターと1つのデュアルモーターAWDオプションがあります。

シングルモーターモデルには、71.8 kWhまたは80.64 kWhのBYDのブレードバッテリーが搭載され、CLTC航続距離はそれぞれ最大550 kmまたは610 km、デュアルモーターモデルのCLTC航続距離は最大550kmとなっています。

BYDの新型電気SUVは、テスラのベストセラーであるモデルYを下回る24万9900人民元(3万4550ドル)からで、CLTC航続距離は最大554kmです。

この新型SUVは、BYDが最も人気のあるEVの廉価版「Honor Edition」を相次いで発表した後に登場し、例えば、最も安価なシーガルEVオナー・エディションは、わずか9,700ドル(69,800元)からという破格値です。

BYDは、現在テスラモデル3と競合している新型シール電気自動車の発売を計画しています。新型EVについてはほとんど知られていませんが、6月にデビューする予定です。

BYDラインアップ

BYDは、仰望(Yangwang)ブランドで複数の新型EVを発売し、高級車など新たなセグメントへの進出を進めています。最近のBYDは、初のPHEVピックアップ「BYDシャーク」を今週メキシコで発表し、BYD シャークは、トヨタ・ハイラックスやフォード・レンジャーに対抗するモデルで、価格は96万9800ペソ(約5万8100ドル)からとなっています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました