テスラ、2023年1月ドイツでの販売台数が前年の約9倍を記録

giga-berlin-elon-model-y TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

2023年1月のドイツにおけるテスラの販売台数は、2022年1月と比較しておよそ9倍に増加しました。

テスラは欧州市場で発売されてから、一貫してドイツでの販売台数を伸ばしており、確かに立派なペースで成長しています。しかし一方で、今年最初の1ヶ月は、この米国EVブランドがまだ多くの成長余地を秘めていることを証明しました。2022年1月の465台と比較すると、テスラの販売台数は912.2%と爆発的に増加しており、これは今後のより良いニュースの始まりに過ぎないかもしれません。

昨年1月、テスラはギガファクトリー・ベルリンが政府からの製造開始の承認を待っていたため、ドイツで稼働する車両生産施設はありませんでした。ギガベルリンの承認は3月まで下りなかったため、車両は同社の欧州市場向け「輸出拠点」とされるテスラギガ上海から出荷されていました。

皮肉なことに、これまでの月と比較すると、販売台数はかなり典型的であり、テスラが1年でどれだけ進歩したかを示しています。登録車の追跡を職務とするドイツの省庁、KBA(ドイツ連邦自動車庁)によると、テスラは今年1月に4,241台を販売し、2022年1月と比較して900%以上の伸びを記録しました。KBAは、1月にテスラがドイツにおける新車市場全体の2.4%を占めたと述べています。

ギガ・ベルリンではモデル3およびモデルYの生産台数が週3,000台に達しており、テスラは自社車両の需要に対応できる体制を整えつつあります。テスラはドイツ国内でのインセンティブプログラムの適用を受けることができるため、年内いっぱいは販売台数が増加することが予想されます。

ギガベルリンに並ぶ新色クイックシルバーのモデルY

その他のブランドでは、マセラティ、MG、スズキが販売台数を大きく伸ばした。しかし、テスラの成長に近づいたマスマーケット勢は日産のみで、1,998台を販売し、前年比49%の伸びとなった。この月に販売台数を伸ばした他のほとんどのブランドは、メルセデス、フェラーリ、ジャガー、ランドローバーなどの高級ブランドという結果でした。

残念なことに、電気自動車の販売台数がまた大幅に減少しました。市場の10.1%を占めながらも、電気自動車の販売台数は前月比で13%強の減少となった一方で、内燃機関車の販売台数は珍しく上昇し、2022年12月と比較して3.5パーセントの伸びを示しました。

テスラがドイツでの生産能力を拡大し続け、願わくば価格の引き下げを続けていけば、その販売台数は今後数ヶ月、数年と伸び続けることは間違いないと考えられます。この月のEV市場全体を反映しているとは言えないかもしれないです」が、少なくともテスラは、現在の経済状況に邪魔されたとしても、これらの自動車への関心がまだ非常に高いことを示していると言える結果です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事はテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。掲載情報によって起きた直接的及び間接的損害に関して、筆者・編集者・運営者は責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました