次世代テスラ・ロードスターは、2017年のプロトタイプから大幅な性能改善へ

TESLA News
スポンサーリンク

テスラのデザインチーフ、フランツ・ホルツハウゼン氏は、長らく待たされている次世代ロードスターは待つに値するものになる、と語っています。

テスラは2017年に第2世代のロードスターのプロトタイプを発表した際、性能に関して以下のような大きな約束をしました。

テスラは当時、ロードスターのプロトタイプはゼロから時速60マイル(約96km)まで1.9秒でスプリントでき、1/4マイルを8.8秒でカバーできると説明していました。最高速度は時速250マイル(402km)を超え、航続距離は620マイル(998km)に達するとしていました。

テスラは現在もウェブサイトのロードスター専用ページでこの性能を明示していますが、実際の生産車はプロトタイプの性能を上回るかもしれないと、テスラのデザイン部門のボスであるフランツ・ホルツハウゼン氏は言っています。「Ride the Lightning」ポッドキャストのホストであるライアン・マカフリー氏とにインタビューされたこのテスラのデザインチーフは、長らく待たれていた次世代ロードスターについて、いくつかの重要な詳細をかたりました。先月納車を開始したテスラセミとともに2017年末に発表されたロードスターは、まだ生産に入ることはないようですが、しかしながら、フォンホルツハウゼン氏は待つだけの価値があるものになる、と約束しました。

次世代ロードスター

彼は、次世代型のテスラ・ロードスターは、5年以上前に発表されたプロトタイプよりも、あらゆる指標で優れているクルマになると述べました。

「私たちはクルマを開発しているのです。私たちには企業としての優先順位があり、その優先順位は大衆車のEV化です。そしてロードスターは大量生産品ではありません。ですから、残念ながら、これまでのような位置づけになってしまうのですが、一方で私たちは本格的に取り組んでもいるのです。そして、その時間をかけたことで、最初にロードスターをデビューさせたときに設定した、基本的にすべての指標を本当に改善することができたと思っています。」

テスラが、テスラセミとサイバートラックの生産を優先し、ロードスターを保留にしたことは、スポーツカーがよりニッチな製品であることを考えれば、驚くにはあたらないでしょう。モデルS Plaidは、次世代型ロードスターのプロトタイプのスペック(0-60 mphと1/4マイルのタイム)に、より重い車でありながら既に匹敵する性能を有しています。

「もしあなたが、モデルS Plaidの性能と使い勝手を考慮に入れて、次世代型ロードスターの性能を想像することができれば、あなたの想像力は、私たちが目指すところ、つまりロードスターがどれほど優れた性能を持ちうるのかを示してくれると思うのです。モデルSは、私たちがロードスターにできると言ったすべての指標を満たしています。だから、想像してみてください。少し想像を膨らませてみてください。」

残念ながらフォン・ホルツハウゼン氏は具体的な性能を数字で説明することはしませんでしたが、この彼のコメントは非常に刺激的なものです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました