テスラ、49万5千台のモデルYおよびモデル3生産を2022第4四半期に計画:レポート

model-y-model-3 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

米国テキサス州オースティンを拠点とする電気自動車メーカー、テスラは、2022年第4四半期にモデルYおよびモデル3の世界生産を拡大する意向のようです。また、この先進的で革新的な電気自動車メーカーは、特にオースティンやベルリンにある新しいギガファクトリーがそれぞれの車両生産能力を拡大し、2023年にはこの勢いを加速させたいと考えています。

テスラはその成長について非常に楽観的で、イーロン・マスク氏などの幹部は、同社が毎年前年比約50%の成長を維持できるはずだと指摘しています。しかし、第2四半期にコロナロックダウンなど中国に逆風が吹き、ギガファクトリー上海が長期間閉鎖されたこともあり、今年度は厳しい状況が続いています。

ロイター通信は、同社が確認した今後4四半期の内部予測を引用し、テスラが2022年第4四半期にモデルYクロスオーバーおよびモデル3セダンを約49万5000台生産することを検討していると述べています。この2台はテスラにとって最も手頃な価格の車であると同時に、同社の世界販売の約95%を占めています。ロイターはまた、テスラの世界生産目標を、この件に詳しい2人の人物に確認したと記しています。

しかし、これだけではありません。ギガファクトリー・ベルリンとギガ・テキサスの生産が活発化していることから、テスラは、2023年の第1~3四半期までにモデルYおよびモデル3を159万台生産し、その勢いをずっと維持しようとしていると伝えられています。また、第4四半期がそれまでの四半期よりも納車台数が拡大する傾向があることを考えると、テスラは来年、210万台を超える販売台数を記録する勢いかもしれません。

イーロン・マスク氏は以前、テスラが2022年末までに世界生産台数4万台/週を達成する可能性は相当高いと発言しています。ロイター通信が報じた内部予測では、同社は第4四半期を過ぎてこのレベルの生産量を達成し、維持することができるとされています。ただし、同社の予測は、まだ車両生産の初期段階にあるギガファクトリー・ベルリンとギガ・テキサスの立ち上げにかなり依存するものでもあります。

テスラは早ければ来週早々に2022年第3四半期の納車・生産レポートを発表する見込みです。全体として、証券会社のパイパー・サンドラーは、テスラが第3四半期に35万4000台を納車すると予想し、シティは36万9800台の納車を予想しているが、そのアナリストのイタイ・ミカエリ氏はTSLA株の「売り」レーティングを維持したままだ。製造と納車のデータを綿密に追跡しているテスラのファン、トロイ・テスライクは、2022年第3四半期にモデルYおよびモデル3が34万3779台販売されると予想しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました