テスラ、フリーモント工場で働くオプティマス(テスラボット)のデモ映像を公開

tesla-bot-fremont-factory-1 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラのCEOイーロン・マスク氏は、オプティマスの自社工場において作業に配備することを明言しています。本日開催されたAIデー2022の中で、テスラはまさにその状況を示すビデオを公開しました。米カリフォルニア州フリーモント工場で働くオプティマスの実用的なプロトタイプです。

テスラはAIデー2022で時間を無駄にせず、イベントが始まるとすぐにテスラボットのプロトタイプを壇上で披露しました。テスラは、既製品の部品で作られた「バンブルシー」という愛称のロボットと、まだ開発中だがアクチュエーターなどのテスラのカスタム部品で作られたロボットの2つを展示しました。

Credit: Tesla/YouTube

テスラは、ステージ上でオプティマスのプロトタイプの機能を短く紹介した後、フリーモント工場で「バンブルシー」が実際に稼働しているビデオを上映しました。このビデオでは、小荷物の運搬から実際の工場フロアでの作業まで、いくつかの作業を行うロボットが紹介されました。

Credit: Tesla/YouTube

テスラは、このロボットがオートパイロット技術をどのように使用するかを示す一方で、フリーモント工場のオフィスで植物に水をやるヒト型ロボットの姿も見せました。もちろん、これらは非常に単純な作業であり、ロボットはデモの間、拘束されていませんでしたが、テスラが実用的なオプティマスのプロトタイプを持っていなかった過去1年と比べると、注目すべきステップアップと言えるでしょう。

Credit: Tesla/YouTube

しかし、オプティマスのデモで最も興味深かったのは、その後に行われたイーロン・マスク氏のコメントです。CEOによれば、オプティマスは2万ドル以下の大衆向け製品として設計されているということです。これは現在のFSD(完全自動運転)オプションの価格に近く、テスラの現行ラインナップの中で最も手頃な価格の車であるモデル3のコストをはるかに下回るものです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました