人工知能イベントAIデー2でヒト型ロボット、テスラ・オプティマスに望むこととは?

Tesla-bot-with-dojo-chip-scaled-1 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

今から10日後、米国カリフォルニア州パロアルトで開催される人工知能イベント、テスラAIデーでは、テスラ・オプティマス(テスラボット)の実用的なプロタイプが主役になると予想されています。スーパーコンピューターDojoのアップデートやその他完全自動運転のニュースも明らかになると思われますが、最も話題になっているのは、昨年のAIデーで発表されたテスラ・オプティマス(テスラボット)のことでしょう。

Tesla-Optimus-prototype-teaser
Credit:Tesla

テスラのファン、顧客、評論家、懐疑論者、そして株主は皆、ヒト型ロボット、オプティマスについて考えており、ロイターのインタビューでは、数人の懐疑論者が自分の考えを述べています。ロボットがすべきことを含むものもあれば、投資家にとって十分に刺激的ではないという意見もありました。

アリゾナ州立大学教授のナンシー・クック氏は、テスラはロボットが台本にない行動を複数回行うのを見せる必要があると述べました。テスラがそれを実現すれば、株価を押し上げることができるとのことです。

「ロボットに歩かせたり、ダンスをさせたりするだけなら、すでに行われていることです。それほど印象的なことではありません。」

ループ・ベンチャーズ社のマネージング・パートナーであるジーン・マンスター氏は、投資家はこのロボットに興奮していないと述べ、それが大規模に機能する確率は低く、「自動運転車よりも限りなく難しい」と付け加えています。

テスラのロボットに対するそのような見方にもかかわらず、ループ・ベンチャーズはテスラの2回目のAIデーが同社の勝利であるとも考えているようです。オプティマス(テスラボット)の実用的なプロトタイプを見ることができる確率は低いと考えられるが、テスラがロボットとその市場に関連する長期的なハードルを概説したと、ループ・ベンチャーズは投稿で述べています。

NASAのエンジニアリングチーム「デクスタラス・ロボティクス・チーム」のショーン・アジミ氏は、自動運転車の課題とヒト型ロボットの潜在的な課題を比較しました。

「自動運転車は、誰もが思っているほど簡単なものではないことが証明されています。そして、それはヒト型ロボットでもある程度は同じです。何か予期せぬことが起こった場合、そのような変化に対して柔軟かつ堅牢であることは非常に難しいのです。」

イーロン・マスク氏は最近、中国サイバースペース誌に掲載されたエッセイで、テスラロボットを含む様々なトピックを取り上げています。そのエッセイの中でイーロン・マスク氏は、オプティマスボットは、反復的で退屈で危険な作業において、人間の労働力を代替するために設計されていると述べています。

「テスラボット・オプティマスは当初、反復的で退屈、かつ危険な作業で人の代わりになるように位置づけられています。しかし、料理や芝刈り、高齢者の介護など、何百万世帯にも役立つようになることがビジョンです。」

一部の懐疑的な人たちを納得させるかもしれない反復作業の例としては、ロボットの手の器用さを見せることが挙げられるかもしれません。例えば、布を一針縫う、大小の物を塗る、メモ帳に文字を書く、捻挫した足首をACE包帯で包むなどです。

おそらくAIデーのオープニングでは、イーロンを助手席に乗せて、ロボットがテスラのサイバートラックを運転するステージが楽しめるかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました