テスラの受注残が減少し納車待ち時間が短縮中:レポート

tesla-backlog TESLA News
https://twitter.com/TroyTeslike/
スポンサーリンク

次に来るのは何でしょうか?納車待ち時間の短縮と値下げの可能性?

テスラの受注残と納車待ち時間に関する新たな分析により、すでにピークを過ぎている可能性があることが明らかになりました。

トロイ・テスライクによると、2022年8月31日時点のテスラの推定受注残はおよそ41万4000台で、これは生産日数の約102日分に相当します。この数字は、テスラ関連の統計(生産台数、平均待ち時間)を注意深く追跡し分析した結果です。

tesla-backlog
https://twitter.com/TroyTeslike/

上のグラフでわかるように、50万台前後で推移していた3-7月期に比べると、かなり少ない結果となっています。しかし、2021年後半にレポートされた25万台程度にはまだ遠い(当時の平均納車待ち時間は同程度でした)。

この減少は、中国ギガ上海と米国カリフォルニア州フリーモントの製造工場に関連していると思われます。

https://twitter.com/TroyTeslike/

トロイ・テスラは、テスラが注文からの納車待ち時間を4~8週間(または28~56日)に短縮して、より良い購入体験を実現したいと考えていることもレポートしています。ギガ上海工場は、最近のアップグレードの結果、納期がわずか1~10週間となり、この目標を上回っているようです。

納車待ち時間で最悪の状況は、テスラモデルXロングレンジ(365日、約22,000台)と、注文ページから一時的に削除されたフリーモントのテスラモデル3ロングレンジ(AWD)に関係しています。その納車予定日数は202日(約41,000台)です。テスラモデルYも需要が高く、特にロングレンジAWD版(米国で167日)が人気です。

生産能力の拡大により、テスラが受注残や納車待ち時間を減らすことができれば、顧客にとって朗報となりますし、また、テスラが価格を引き下げたり、既存モデルの新バージョンを追加したりするきっかけになるかもしれません。

すべては、需要と供給のバランスに依存し、今のところ少なくとも納車待ち時間は短くなっているようです。しかし、テスラ・セミや次期テスラ・サイバートラックのような新型車では、そうはいかないかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました