テスラ車1台あたりの研究開発費とマーケティング費を他の自動車メーカーと比較した場合

tesla-sales_04 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク
要約
テスラは広告宣伝費はゼロで、その代わりに研究開発(R&D)に劇的な金額を費やしています。

テスラ1台あたりの支出額と他自動車メーカーとの比較

よく「口コミは最高の広告だ」と言われます。

テスラという世界の電気自動車産業のトップに急浮上した状況によると、これは真実かもしれません。他の多くの自動車メーカーにとって、マーケティングは重要な経費項目であるにもかかわらず、この電気自動車会社は、なんと毎年広告費を0ドルにしているのです。

一方、テスラは自動車1台あたり平均2,984ドルを研究開発に費やしており、これは他の既存自動車メーカーのおよそ3倍に相当する額となっています。

販売台数ベースで見ると、テスラの1台あたりの研究開発費は2,984ドルで、他の自動車メーカーを大きく上回っています。他の自動車メーカー3社(フォード、トヨタ、GM)の1台あたりの研究開発費を合計した金額とほぼ同額なのです。

広告宣伝費に至っては、従来の自動車メーカーの平均は1台あたり495ドルです。テスラは、厳密には広告費をまったく使っていませんが、同社は世界で最も急速に成長しているブランドと評価されているマーケティングマシンであり、テスラはしばしば報道やソーシャルメディア上の話題を独占しています。

資本配分 研究開発と広告宣伝

研究開発費と広告宣伝費のバランスは、資本配分の一部であり、すべてのビジネスが必要とする要素です。一般的に、研究開発を強化すれば、競合他社に比べ、商品・サービスの質を向上させることができます。正しく実行されれば、価格決定力の強化につながり、利益率に反映される可能性があります。

一方、広告宣伝は、認知度を高め、ビジネスを促進することができます。しかし、このバランスは難しいもので、常に正しく行うのは簡単ではありません。

資本配分は重要ですが、テスラを他と差別化する要因の1つは、イーロン・マスク氏自身です。ツイッターで6000万人以上のフォロワーを持つ彼の熱狂的な人気は、間違いなくテスラのブランド認知に貢献し、電気自動車革命の代名詞となっているのです。

クルマの未来

アメリカ人の場合、85%が通勤に自動車を使用しています。その結果、世界がよりグリーンな未来に向かって進むにつれ、自動車は大きな変化を遂げることになりそうです。

2028年には1兆円市場になると言われる電気自動車への投資が進む中、大手自動車メーカーの研究開発・広告予算は今後どうなっていくのでしょうか?

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました