テスラ株、悪名高い「最も空売りされている株」のタイトルをアップル株に奪われる

stock-market-01 TESLA News
スポンサーリンク

テスラ株(TSLA)は、アップル株(AAPL)のショートポジション(空売りポジション)がテスラ株を上回り、悪名高い「最も空売りされている株」の称号を正式に失いました。

イーロン・マスクCEOは、株式市場でテスラに対して賭けをしないよう、これまでたびたび警告してきています。彼は「世紀の次レベルの空売り炎上」を予測するまでに至り、それは2020年に起きたような現象です。

テスラの株価は大暴騰し、空売りをした人たちは累積で数百億ドルの損失を出したようです。

長年にわたり、テスラは、エンロンの空売りで名を馳せたジム・チャノス氏や、2008年の破綻前にリーマン・ブラザーズの空売りで名を馳せたデイビッド・アインホーン氏といった著名な空売りのターゲットになってきました。

「空売りの炎上」の後、マスク氏は結局、アインホーン氏にテスラ株に対する「空売り失敗」を送りつけてからかいました。また、ビル・ゲイツ氏でさえ、ある時点ではテスラを空売りするような状況だったようです。

実はこの2年以上、テスラ株は株式ポジションの総額から見て、世界で最も空売りされている銘柄であり続けていました。今回、空売りを専門とするS3パートナーズ・リサーチが、アップルのショートポジションが初めてテスラを上回ったと報告しました。

テスラ株(TSLA)は2020年4月から約2年半、864日間空売りリーグテーブルのトップを維持してきたが、最近アップル株(AAPL)がその王座を奪還しました。AAPLの空売りは184億4000万ドル、空売り株数1億1286万株、浮動株に対する空売り比率0.70%に対し、TSLAの空売りは174億4000万ドル、空売り株数5730万株、浮動株に対する空売り比率2.19%となっています。

しかし、浮動株比率で見るとテスラ株はまだアップルより空売りされています。

アップルの空売りがテスラに追いついたのは、ショートポジションの総額の話です。

S3パートナーズは顧客向けメモでこの違いを以下のように説明しました。

空売りランキングの上位に変化があったのは、主に空売り筋がTSLAの空売りポジションを削減したためであり、AAPLの空売りが大きく伸びたわけではありません。TSLAの空売りは2022年に減少しましたが、これはTSLAの株価が年初来で下落しているにもかかわらず、空売りが長期のショートスクイーズに対応してポジションのカバーと縮小を続けているためです。

同社はテスラについて、この電気自動車メーカーが利益を上げ、プラスのキャッシュフローを大幅に増やしたため、過去2年間、長くゆっくりとしたショートスクイズを経験したと説明しています。

何年もの間、マスク氏とテスラファンは、同社株に対して投資される大量の資金に不満を抱いてきましたが、久しぶりに空売り勢がテスラへの関心を失いつつあるように見えます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました