テスラ、子供同乗モード「ジョー・モード」を更に静音化へ

TESLA News
スポンサーリンク

2019年に入り、テスラは後部座席で寝ている子供が車の音やアラートに邪魔されないようにするための音量設定「ジョー・モード」(Joe Mode:子供が同乗して寝ているのを妨げないような車内の音を静音化するモード)を展開しました。この機能自体はかなり控えめですが、大きな音に邪魔されやすい子供と旅行に行くことが多い人にとっては、間違いなく便利な機能です。

最近、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、このジョー・モードをさらに静かにすることが可能であると指摘しました。この発言は、「テスラオーナーズ・シリコンバレー・クラブ」からの投稿に対するもので、「ジョー・モードの警告音を小さくできないか」とCEOに質問したものです。

興味深いことに、テスラのオーナーは過去にもマスク氏に対して同様の要望を伝えています。同じテスラのオーナーズクラブは2020年、「ベビーモード」のようなものを同社が展開できないかと問い合わせたこともあり、当時、マスク氏はジョー・モードをより静かにするオプションについても検討していました。

ジョー・モードは、その機能の核心は、テスラの運転中に作動しうるアラームの音量を下げるだけのものです。ジョー・モードが非常に興味深いのは、後部座席エリアのアラームの音量を小さくすることです。これにより、オートパイロットのチャイムやアラートは、ドライバーの注意を引くには十分な音量ですが、後部座席で休んでいる乗客(特に子供)の注意を引かないようにします。

tesla-model-y-red
Credit:Tesla

しかし、テスラオーナーから今回のように「より静かなジョーモード」を求める声が上がり続けていることからもわかるように、この機能によるアラートやチャイムは、子供を邪魔したり起こしたりするにはまだ十分な音量であると思われます。このことを考えると、イーロン・マスク氏の最近のコメントは、非常にありがたいものでしょう。

ジョーモードはテスラの中でも非常にシンプルな機能ですが、子供と一緒に旅行する親にとっては救いの手です。テスラのキャビンはもともと相当静かなので、オートパイロットのチャイムのような大きな音は、後部座席で寝ている子どもを簡単に起こしてしまうのに十分です。小さなお子さんと一緒に長旅をしたことのある親御さんなら、旅の途中で眠っているお子さんを邪魔されたら、どれだけ大変なことになるか、おわかりいただけると思います。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました