テスラモデル3及びモデルY、ステアリングにタッチコントロール搭載し、ストークレス化へ

tesla-semi-3 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは昨年、リフレッシュ版のモデルSとモデルXにヨークステアリングホイールを導入し、多くの人を驚かせました。テスラは、その斬新なデザインとともに、ターンシグナルとギアストークを捨て、代わりにステアリングホイール上のタッチコントロールと、メインディスプレイ上にギアチェンジのためのコントロールを追加した新しいオートシフト機能を選択しました。

テスラはモデル3およびモデルYでは、そこまで踏み込んでヨークを導入するつもりはないようですが、最も人気のある2車種ではストークを廃止し、ステアリングホイールにタッチコントロールを追加すると伝えられています。

この情報は、これまでにも信頼できるテスラのインサイダー情報を提供してきたツイッターユーザーのクリス・チェン氏(@ChrisZheng001)からのものです。テスラは、ラウンドステアリング、ストークなし、タッチコントロールを備えたセミのインテリアを示す新しい画像を公開した後、チェン氏は、モデル3/Yにも同じことをするつもりだと述べました。

先日チェン氏がツイートした後、私たちはいくつかの情報源に連絡を取り、この件の裏付けをとろうと試みました。それによると、確かにテスラはこの切り替えを行うようです。残念ながら時期は不明ですが、現在のサプライヤーとの契約が終了した後に行われるとのことでした。

ストークレスとタッチコントロールのステアリングホイールへのシフトは、大きな驚きではありません。2020年にテスラはタッチコントロールと触覚フィードバックを備えた新しいステアリングホイールの特許を取得していましたが、その出願時に公開された図には、ちょうど1年後に登場したようなヨークではなく、丸いステアリングホイールが描かれていたからです。

テスラは生産効率も重視しており、全車両にギアストークが搭載されなくなれば、生産の合理化、コストダウンにつながることは間違いないでしょう。

また、イーロンは以前、FSD(Full Self-Driving:完全自動運転)をオプション設定として購入したすべての車両にオートシフトが搭載されると発言しています。今回の変更で、彼らはそれをさらに一歩進めるとおいうことになります。

既存の車両にもオートシフトが搭載されるかは不明ですが、必要なのはソフトウェアアップデートだけであり、必要に応じて既存のストークをバックアップとして使用することができるため、搭載されることを期待したいものです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました