テスラ、7月に中国本土でスーパーチャージャーステーションを48ヶ所増設

tesla-solar-supercharger-lhasa TESLA News
スポンサーリンク

中国大陸では、テスラは1,200ヶ所以上のスーパーチャージャーステーションを開設し、その中に8,900基以上の充電スタンドを開設しています。

テスラは、2022年7月に中国本土において、198基のスーパーチャージャーを備えた48ヶ所のスーパーチャージャーステーションを新たに開設したことを、本日、同社の公式ウィーチャットアカウントで発表しました。

新しいスーパーチャージャーは、北京、天津、上海、南京など33都市に設置され、すべて最新のV3スーパーチャージャーを使用しています。また、8月には、北京、長沙、成都、鄭州、杭州など20都市に新たなスーパーチャージャーのステーションを建設する予定とのことです。

現在までにテスラは世界で35,000以上のスーパーチャージャーを開設しているとしています。

中国本土では、テスラは8,900基以上のスーパーチャージャーのある1,200ヶ所以上のスーパーチャージャーステーションを開設しています。また、700カ所以上のデスティネーション・チャージャー基地があり、1,800基以上のデスティネーション・チャージャー・スタンドを提供しています。

これらの施設は、中国の370以上の都市と地域をカバーしているとテスラは述べています。注目すべきは、現在、中国のいくつかの地域、特に南西部の四川省と重慶が暑い気候の影響を受けており、電力不足が電気自動車の所有体験に影響を及ぼしていることです。

テスラは先日、8月17日時点で四川省成都市のスーパーチャージャーステーション14基のうち2基だけが営業を続けており、残りはサービス制限中か一時的に閉鎖していると発表しています。一方、重慶のスーパーチャージャーステーションは、すべてサービス制限中か一時的に閉鎖されているという状態です。

これとは別に、テスラは8月18日、上海の閔行区に新たなエクスペリエンス・センターを開設しました。このエクスペリエンス・センターの面積は2,180平方メートルで、販売相談、試乗などの販売機能のほか、修理などのアフターセールス機能も備えている施設ということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました