世界最大の建築物、テスラ・ギガファクトリー・テキサス、モデルYの生産能力が週1,000台に

tesla-giga-texas TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

世界最大の建築物、つまり世界最大の工場であるテスラ・ギガファクトリー・テキサスは、今年の4月に本格稼働を開始していますが、これまでにも引き続き生産を拡大し、最初の大きなマイルストーンとして、このギガ・テキサスの生産能力が週当たり1,000台に到達しました。

効率的な大量生産の実現は、メーカーにとって最も困難な段階と言われます。通常、その製造するものが新製品であれば、当然新しい技術が必要であり、テスラの場合、それは同社にとってだけではなく、自動車業界全体にとっても新しい技術の場合があります。そのため、生産技術もゼロから発明される必要があり、ましてや今年の春に稼働したばかりの工場で、新しい製造プロセスを適用しなければならないのだから、なおさら困難なことは容易に想像できます。

giga-texas05
Credit:Tesla

ギガファクトリー・テキサスは、4カ月半前に正式に稼働を開始しました。テスラは、この新工場の稼働を慎重に進めるために大変な苦労をしています。一方で、現在も一部のエリアが完成していない状態で、さらに新しい生産設備を使用し、その使い方をすぐに習得しなければならないチームもあるようです。このギガ・テキサスでのモデルYの生産量は、新しい4680バッテリーセルの生産量にも依存しており、セルの生産量が増加すれば、モデルYの生産量を増やすことができると考えられます。

このマイルストーンは、イーロン・マスクCEOが2022年第2四半期の決算説明会で、米国のこの新工場の生産能力がまだ週1,000台に達していないことを明らかにしながらも、今後数ヶ月でそれが実現することに期待を示してから1ヶ月足らずで達成されたものです。

「テキサスは、ベルリンとの生産立ち上げが順調に進んでいます。ベルリンは、6月には週産1,000台という重要なマイルストーンを達成しました。そして、ギガ・テキサスも、できれば今後数ヶ月のうちに、週1,000台のマイルストーンを超えると考えています。」

トップが言い間違えたのか、ギガ・テキサスが超強力な働きをすることが証明されたのかは不明ですが、この言葉からわずか数週間後に重要なマイルストーンを達成したということになります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました