ジョージ・ソロス氏、株式分割予定のテスラ株を購入

nick-chong-N__BnvQ_w18-unsplash TESLA News
スポンサーリンク

先週金曜日(2022年8月12日)に米国証券取引委員会に提出された書類によると、ジョージ・ソロス氏はいくつかのハイテク株への投資を増やしたようです。ソロス・ファンド・マネジメントはテスラのポジションを新たに開設し、合計で2千万ドル以上の価値のある29,883株を保有しました。この運用ファンドはまた、新興EV製造メーカーであるルーシッド・モータースとニーオにも追加投資をしつつ、フォード、ウーバー、ツイッターへの投資を追加したようです。

今年初め、ソロス氏はゼネラルモーターズ(GM)の126万株の株式を売却しますた。彼が新たにテスラの株式2000万ドルを購入することを決めたのは、テスラの株主が8月25日に実施される3対1の株式分割に賛成した直後です。

tesla-model-3-headlight

テスラとともに、ファンドは切り売りを行い、今年、さまざまな電気自動車銘柄にも投資しました。2022年第1四半期にプロテラを800万株保有していたましが、現在は282万株を保有しています。第1四半期には、フィスカーとリチウムイオンリサイクル会社のリサイクルの株を手放してすべて清算しました。

テスラのEV生産台数930,422台、EV納入台数936,172台に対し、2021年に米国で27,140台のEVを販売したフォードの株をソロス氏の運用ファンドが2950万株購入したようです。フォードは5月にEV「F-150ライトニング」の納車を開始し、それ以降、EVの販売台数が急増しており、EVの生産台数も増やして2022年6月のEV販売台数は2021年6月と比較して76.6%の伸びを記録しています。

おそらく、フォードがEVの分野で成功を収めていることが、同社のジム・ファーレイCEOを奮い立たせ、イーロン・マスク氏に挑戦したのでしょう。

「私たちはフォードで、電気自動車とデジタル技術の革命を、少数のためではなく、多くの人のために実現するという使命を担っているのです。そして、私たちフォードの輝く光は、このディアボーンで、ここミシガン州で作られたこの美しいライトニングであり、すでに米国の我々の業界のすべてのEVピックアップトラックのリーダーであると言わなければなりません」とフォードのCEOジム・ファーレイは言い、「受けて立つ、イーロン」と付け足しました。

ソロス氏の両社への投資、そしてルーシッドなど他のEV自動車メーカーへの投資は、より多くの投資家にEV株への投資を検討させる可能性が高いと思われます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました