テスラ、GPSマルチバンドアンテナに関する特許を申請

tesla-patent-00 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、グローバル・ナビゲーション衛星システム(GNSS:Global Navigation Satellite System)技術を向上させるためのマルチバンドアンテナの特許を申請しました。これにより、自動車は自分の位置、最寄りの充電ステーションの位置をより正確に判断し、オートパイロットやスマートサモンをより完璧に動作させることができるようになるのだと思われます。

グローバルナビゲーション衛星システム技術(GNSS)には、地球の大気圏内にある人工衛星からの信号を受信することができるアンテナが含まれます。GNSSアンテナシステムは、全地球測位システム(GPS)信号および/またはその他の信号を様々な状況で提供するのに役立つ場合があります。GNSSアンテナは、測位精度を向上させるために、複数の周波数で信号を受信することができます。マルチバンド信号の受信は、2つ以上の帯域で信号を受信するためのアンテナの設定に関連する技術的な問題を引き起こすことがあり、一般にGNSSアンテナは、障害物がない方が効率的に動作します。

starlink02
https://www.starlink.com/

L1(1559MHz~1610MHz)、L2(1215MHz~1254MHz)、L5(1164MHz~1214MHz)の衛星信号を受信できるGNSSアンテナは、大気中の誤差をその場で補正する能力を提供します。さらに、GNSSアンテナは単体での性能も向上しています。マルチバンドアンテナの精度は、両者が同じ品質の補正を提供される場合、単一周波数のソリューションよりも高いままです。

例えば、GNSSアンテナシステムは、他のセンサー(超音波センサーやカメラなど)からのデータと組み合わせて、目標地点までの車両のルートを計画することができます(例:スマートサモン)。また、ナビゲーション、オートパイロットなどの自律走行機能、近くの充電ステーションやレストランなどの検索など、正確な位置情報または一般的な位置情報を含む他の機能にも有用です。

マルチバンドGNSSアンテナの中には、スタックド・パッチアンテナやヘリックス・アンテナを使用したものもあります。このようなマルチバンドアンテナでは、右手円偏波利得を高め、左手円偏波利得を抑えるような複雑な給電構造を採用し、性能を向上させることが可能です。また、大型化したり、狭帯域に制限されるなど、性能劣化が起こりやすく、車載用としては不向きです。

2022年1月19日、テスラは「マルチバンドアンテナ」の特許を申請し、2022年7月28日に公開されました。その中で、テスラは、より効果的で車両での使用に最適な改良型マルチバンドアンテナについて説明しています。特筆すべきは、アンテナにヒーターを内蔵することで、雪や氷が付着したときなど、あらゆる天候の下でシームレスに動作するようになることです。テスラは例として、このようなアンテナをフロントガラスのモジュールに内蔵することを実施しようとしています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました