テスラ・スーパーチャージング・キューブがまもなく欧州の充電ステーションに登場

tesla-supercharging-qubes-bk-world TESLA News
Credit: bk World
スポンサーリンク

テスラとbkグループは、リビングルームのようなスーパーチャージャー キューブ(Supercharging Qubes)を設置するために提携しています。

テスラ・スーパーチャージング・キューブは、まもなくヨーロッパ中に登場します。bkワールドは、最初の場所をドイツのエンドゼーにオープンしました。ビデオ映像によりますと、bkグループ社がキューブを設置していますが、これは欧州向けの最初のものに過ぎないとのことです。同社はこれを未来のサービスステーションと表現し、ドイツ・エンドゼーに1号店をオープンさせたということです。

bkワールド社の創業者であるゲロルド・ウォルファース氏とマーク・アーノルド氏は、bkワールド社のアイデアは、深夜の充電停車中に生まれたと語りました。6月には、ドイツのエンドゼーにあるテスラ・スーパーチャージャー・パークに1号店をオープンさせました。

このテスラ・スーパーチャージング・キューブは、単に充電するだけでなく、ドライバーのためのラウンジでもあります。食事をしたり、リラックスしたり、必要に応じてトイレを利用したりすることができます。アーノルドは、bkワールド社のインスピレーションについて、次のように語っています。

「bkワールド社のアイデアは、すべてユーザー目線で考えました。つまり、電気自動車のドライバーとして、充電中の休憩時間に本当に必要なものは何なのか?ということです。」

テスラ・スーパーチャージング・キューブ

bkワールド社がデザインしたキューブは、モジュール式の可搬型ルームエレメントで、現場のさまざまなスペース要件に対応できるよう、色々な方法で組み合わせることができる仕組みになっています。そして、組み立て、分解はもちろん、必要であれば短時間で移設することも可能です。最も小さいタイプはトイレ用のキューブでおよそ5平米です。

ウォルファース氏は、キューブの手軽さと利便性を以下のように指摘しています。

「bkワールドを利用すれば、充電施設の運営者は、もはや既存のインフラに頼る必要はありません。必要なのは上下水道と電気の接続だけなので、実質的にどんな場所にもこのラウンジを設置できるのです」。

ドイツにあるこのテスラ・スーパーチャージング・キューブの1つの内部を詳しく紹介しましたレビューは以下からご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました