テスラは将来、全モデルを対象に「サービス延長保証」を提供か?

tesla-all-lineup TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、新しい延長保証プログラムを少し早く発表したのかもしれません。モバイルアプリのバージョン4.11.0が公開されると、アップグレードセクションに「テスラESA」と題された新しい項目が現れました。

この頭字語は「Extended Service Agreement」(延長サービス契約)の略で、価格は7,700ドルです。この項目が表示されたのは30分足らずでしたが、一部のテスラオーナーがスクリーンショットを撮り、ソーシャルメディアで共有するには十分すぎる時間でした。

@Eric5un/Twitter

説明では、ESAは以下のように説明されています。

テスラが製造・提供する部品の材料や製造工程における品質問題に起因する必要な整備や部品交換を対象とする、車両の限定保証期間の満了日から一定期間有効にする

この文章は、いくつかの文法的な誤り、スペルミス、書式の不備があり、さらに数行にわたってだらだらと続きます。明らかに、この記述は初期の草稿や粗訳の段階で、一般に公開できる状態ではなかった状態で、ESAがすべてのモデルで準備されているかは不明なじょうたいです。加えて掲載された価格もプレースホルダである可能性があります。

テスラは、アップグレードの項目からESAが現れたり消えたりしたことについて、コメントを出していませんが、2012年から2020年の間に製造されたモデルSとモデルXの車両には、拡張サービス契約が結ばれているため、そのことが混乱を招いています。つまり、アプリに追加されたのはそのプログラムではないかとの見方もあるのです。これに対し、テスラは全モデル、全生産年式の延長プランを展開しているとの見方も一方ではあります。

7,700ドルと表示された価格は、既存のプログラムからかなり上昇したものです。限定保証の180日以内に購入した場合、モデルSは2年契約で2,500ドル、4年プログラムでは5,100ドル、モデルXでは、通常の保証が切れてから6ヶ月以内に購入した場合、2年契約で2,900ドル、4年契約で5,750ドルです。

両車両とも180日を過ぎると価格が跳ね上がります。この新しいESAに関する書き込みは、契約の長さを記載していませんが、それは現在行われているのと同じ180日間のしきい値が設定されるのでは、と考えられています。

モバイルアプリのアップグレードセクションに注目してください。もしかしたら、ESAがいつか再登場するかもしれませんので。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました