テスラ、限定機能を利用できる新たな株主プラットフォームを立ち上げ

tesla-shop トピックス
スポンサーリンク

テスラは、テスラ株の株主がイベントに参加したり、限定機能にアクセスできるようにする新しい自社株主プラットフォームを立ち上げたと発表しました。

今朝、テスラは、TSLAの投資家がテスラのイベントに参加できるよう、新しい株主プラットフォームを立ち上げ、「近々、さらなるアップデートをお知らせします。」とツイートしています。

テスラは、株主であることを確認するために、投資家が決算説明会の質問を提出するためのプラットフォーム「Say」を通じて、株主であることを確認することを求めています。また、別のプラットフォームであるPlaidでも確認することができます。どちらも数百の証券会社にアクセスできるため、どこで株式を保有していても状況を確認することができるようになっています。

tesla-shareholder-meeting00
株主総会でのイーロン・マスクCEO
Credit:Tesla

このプラットフォームでは、株主がイベントに参加したり、投票したり、決算説明会で質問を出したりすることができるようになるとのことで、その他の機能は後日発表される予定です。

そして、対象アカウントの確認後、テスラから受け取りたい通知を3つの階層に分けて申し込むことができます。「基本」、「中級」、「詳細」の3種類です。

基本会員は、新しいプレスリリース、シェアホルダー・デッキ、配信通知、イヤーニングコール、ブログポストを株主にお知らせします。中級会員は、基本へのアクセスと10-Q、10-K、および8-K文書が掲載された際のアラートを受け取ることができます。詳細レベルの会員は、中級および基本レベルのすべてのアラートを含む、すべてのSEC(米国証券取引委員会)文書を入手できます。

株主プラットフォームは、テスラの投資家に対する独占性を高めるとともに、株主数に基づく指標の追跡を実現します。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました