機関投資家向け大手調査会社、ギガ・ベルリンとテキサスにより2022年テスラの収益61%増加と予想

tesla-giga-texas-cyberrodeo TESLA News
スポンサーリンク

機関投資家向け大手調査会社CFRAエクイティ・リサーチのアナリストのギャレット・ネルソン氏は、テスラ(NASDAQ:TSLA)に対する楽観的なスタンスを改めて表明し、それはこの電気自動車メーカーの株式の目標株価1,100ドルに顕著に表れています。このアナリストは、テスラが特に新工場の稼働に伴い、まもなく勢いに乗るかもしれないと強調しました。

ネルソン氏はレポートの中で、CFRAはテスラの収益が2021年に71%増加した後、2022年に61%、2023年に37%、2024年に17%増加すると推定していると述べています。このアナリストによると、今後数年間のテスラの増収の主な要因は、今年稼働開始した同社の2つの新しい生産設備にあるということです。

「2022年以降に予想される増収の主な要因は、米国テキサス州とドイツベルリンにある新工場の立ち上げによる生産台数の増加です。テスラの生産能力の多くは、モデル3および2020年3月にデビューしたモデルYの生産にシフトしています。」

CFRAのアナリストは、テスラの自動車販売台数は2021年に87%急増した後、2022年に53%、2023年に39%、2024年に15%増加すると付け加えました。ネルソン氏は、世界的な拡大戦略とは別に、来年ようやく発売される予定の「サイバートラック」や「テスラ・セミ」といった新しい電気自動車の導入で、テスラの車両納入が促進される可能性が高いと指摘しています。

「TSLAの2021年の車両販売台数は93万6000台で、2020年の50万台から87%増となりました。2023年からサイバートラックとセミが発売されれば、納車台数はさらに増加するでしょう。」

このアナリストはまた、テスラのバランスシートが「ここ数年で実質的に改善された」ことを強調しました。インタビューの中で、ネルソン氏は、特に同社とそのCEOであるイーロン・マスク氏が野心的な目標の達成に注力したことで、テスラは過去数年間でかなり手ごわい存在になったと説明しています。

giga-belrin01
ギガファクトリー・ベルリン

「ここ数年、イーロン・マスクがテスラに非常に注力していることが、彼らの実行力を高めている理由だと考えています。四半期ごとの収益を見ると、過去11四半期のうち10四半期が前期を上回っています。これは、イーロン・マスクの集中力の賜物だと思います。」

ネルソンのインタビューは以下のビデオでご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました