6月スウェーデンで最も売れたクルマはテスラモデルY

tesla-model-y-red TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラモデルYは、2022年6月にスウェーデンで最も売れた自動車となり、環境負荷の高い競合他社のクルマを打ち負かしました。販売台数は、最も近い競合他社を49%も上回りました。

2022年第2四半期に大きな困難があったにもかかわらず、テスラは欧州で高い成功を収めました。そのモデルYとモデル3は、数カ国で6月に最も売れた電気自動車となったのです。販売データが増えれば増えるほど、テスラ車の成功が見えてきます。最近明らかになったのは、6月にノルウェーでモデルYがベストセラーとなり、自動車市場としてもEVが78.7%のシェアを獲得したことです。

そしてスウェーデンではモデルYが電気自動車として最も売れましたし、これはEVだけでなく、同国のすべての車の販売台数が公開されていることから、このモデルYの成功はEV市場だけでなく、はるかに大きいものとなっています。

tesla-model-y-red-01

モビリティ・スウェーデンによると、テスラモデルYはスウェーデンで6月に最も売れたクルマで、内燃機関のクルマを含むライバルを大きく引き離しました。1ヶ月で1,876台が販売され、この販売台数は、最も近い競合の起亜シードの1,257台より49%も多い結果です。3位はボルボで、1,243台のXC60を販売し4位は809台の起亜ニーロ、5位はVW ID.4で759台という結果でした。

スウェーデンにおける6月の電気自動車とプラグインハイブリッドを合わせたシェアは55%で、このうち電気自動車が占める割合は約32%となりました。結果として、2022年累計では登録台数のうち電気自動車は約28%を占めるということになりました。スウェーデンでは、電気自動車購入のための補助金を調整し、7月から機能するようになり、消費者にとってEVの魅力がさらに高まっています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました