テスラモデルS、時速273kmでのブレーキ故障クラッシュ!

tesla-model-s-plaid-breake-03 TESLA News
https://youtu.be/qhySqaSrP2M
スポンサーリンク

車の運転にはリスクがつきものですが、だからこそ安全策を講じ、すべてをチェックするのです。

YouTubeチャンネル「Chillin’ with Chet」のチェットは、サーキット走行用に取り外したテスラモデルS Plaidのブレーキを踏み、時速170マイル/273kmで右コーナーに差し掛かったところで車が止まらなくなり、全く冷静ではいられなくなったそうです。彼のクルマのブレーキは、テスラの標準的なものではなく、アップグレードされたカーボンローターで、高速からのサーキット走行でもフェードせずに何度も止まるはずだったのです。では、なぜそうならずに事故してしまったのでしょう。

https://youtu.be/qhySqaSrP2M

チェットが標準のローターをアンプラグド・パフォーマンスのアップグレードカーボンローターに交換したことはわかりましたが、ブレーキフルードを交換していない可能性があります。おそらくクルマに標準で入っていたDOT 3のブレーキフルードを使っていたのでしょうが、これはサーキット走行には本当に不向きで、特に外気温が高いときには沸騰する可能性が高いのです。

高温の条件下で、サーキットに大きな負荷がかかると、ブレーキフルードが沸騰する可能性が非常に高く、そのため彼がペダルを踏んだとき、ブレーキパッドをディスクに押し付ける圧力がシステム内になく、ガタついたテスラモデルSをコース上に留めることができず、タイヤバリアに激突して本当に命の危険にさらされてしまったのです。

しかし、ブレーキフルードが本当に熱くなると、ブレーキペダルのフィーリングに顕著な影響を与えるという事実が、私たちにはよく理解できないのです。

テスラモデルSに乗っていてよかったように思えます。エアバッグがなくても、この大事故で彼は無事だったのです。正直なところ、同じように改造された他の車、特にロールケージがない車に乗っていたら、彼はこの話をすることができなかったかもしれません。この事故は、モデルSが非常に健全な構造工学により事故に対する安全性が非常に高ということを改めて証明するものです。

だから、チェットはサーキットに持ち込む前に、彼のモデルS Plaidにロールケージを取り付けるべきだったし、少なくともヘルメットはかぶるべきだったのです。現在、多くのドライバーは(週末のサーキット走行を楽しむ人たちでさえ)、サーキット走行時にはフルフェイスヘルメットの安全性だけでなく、特にビデオのような事故の際に首の保護を強化する、レース由来のHANSシステムも好んで着用しています。

私たちが指摘したような安全性に関する多くのコメントを受けて、チェットからは次のような返事が来ました。

  1. クルマは公道走行可能な状態であり、水上スタントやその他の使用によるダメージは残っていない。
  2. クルマは軽量化されているので、ブレーキも性能もノーマルより飛躍的に良くなっているはずだ。軽い車ほどブレーキはよく効く。
  3. タイヤはすべてDOT規格のもので、適正な空気圧のものでした。
  4. Plaidのトラック・モードは、ドイツのニュルブルクリンクで電気自動車の最速ラップタイムを達成し、安定制御、ハンドリングバランス、回生ブレーキを個別に調整できるようにして、ドライバーがレーストラックでの車両制御をより自由にできるようにする、というシンプルな目標があります。この車は、明らかに、道路上のどの「スポーツ&スーパーカー」よりも速い高性能車として販売・マーケティングされています。ブレーキは明らかに不十分です。ボットや荒らし、その他のファンボーイがどんなコメントをしようと、特に彼らはこの車に乗ったことがなく、運転したこともないのです。
  5. ブレーキのアップグレードも完了し、テスラの慣らし運転に従ってブレンディングとバニシングを行いました。このブレーキフルードでレースに出るつもりはなかったんです。使用したフルードは、車を路上に戻し、ブレーキを磨くために使用しただけです。繰り返しますが、このビデオで私はレースをしていません。純正の限界を超えたか?はい、超えました…その純正の限界と純正フルードは失敗しました。
  6. 純正フルードを使ったことが失敗の原因であり、サーキットで使う車や「トラックモード」で使う車にdot3フルードはふさわしくないという貴重な教訓を得たのです。このクルマは、純正のままでもブレーキが効くし、効かせることができます。このクルマのレビューでは、ほとんどすべてのクルマが「アンダーブレーキ」であることを長々と書いています。私は、モデルS Plaidの安全性と性能を高めるために、劣悪な純正ブレーキを取り外し、アップグレードしようとしたのですが、1つの純正アイテムを逃してしまいました・・・それが純正ブレーキフルードの交換です。

事故の様子は以下の映像をご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました