全テスラで動作するApple CarPlayハッキング

tesla-apple-carplay TESLA News
https://youtu.be/YLFv8wLSBTs
スポンサーリンク

もしあなたがまだApple CarPlayがテスラに採用されるのを待っていて、複数のハードウェアを使ったマルチステップのプロセスを気にしないのなら、あなたは幸運です。

開発者のマイケル・ガピンスキーは、彼がCarPlayをいじり、AndroidベースのインターフェイスでYouTubeを見る様子を映したビデオをYouTubeにアップロードしました。

Apple CarPlayのように動作しますが、どちらかというとAndroid 12やLinux上で動作するAndroidタブレットのエミュレータです。しかし、これを動かすには、いくつかのハードウェアと、プログラミングのノウハウが必要になります。

この構成は以下のようなものです。

  • 2台のRaspberry Piコンピュータ
  • HDMI-CSI-2アダプタ
  • LTEモデム
  • これらすべてを接続するためのケーブル

すべての機材が揃ったら、端末の複雑なコマンドに従ってエミュレータをセットアップする必要があります。Raspberry PiにAndroid 12やLinuxをセットアップするだけではありません。また、エミュレーターを動作させるために、2つ目のRaspberry Piをいじる必要があります。

完璧ではありませんし、ネイティブのCarPlayではありませんが、テクノロジーをいじくり回すのが好きで、コンピュータの知識がある人にとっては、日曜日の午後の良いプロジェクトになるかもしれません。

ハードウェアの要件、インストールガイド、リリースノートは、彼のウェブサイトで見ることができます。また、彼のYouTubeチャンネルでは、以下の6分間のフルビデオをチェックすることができます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました