テスラは競合他社より、サプライチェーンと生産増強だけが主な関心事

tesla-model-3-black-01 TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、より重要なことに集中しているため、他自動車メーカーとの競争については全く気にしておらず、現在はサプライチェーンと生産能力の増強だけが、主な懸念材料とのことです。

2022年6月22日の早朝、テスラのイーロン・マスクCEOはカタール経済フォーラム2022でインタビューに応じました。ブルームバーグ・ニュース編集長のジョン・ミクルズウェイト氏は、EV市場でテスラを上回る真のライバルとなるフォルクスワーゲンなどの既存大手自動車メーカーがいるかどうかを尋ねました。これに対してテスラのトップは、「EV市場には立派なプレーヤーがいます。まず、中国の現地企業には競争力があり、彼らは勤勉で、賢いので。」と答えた。

gigashanghai00
https://youtu.be/esa7iC0MOJ8

しかし、今日までテスラは、競合他社を全く気にしていません。その証拠に、近年、テスラの生産台数と車両価格は上昇の一途をたどっており、顧客からの注文の待ち時間はまだまだ増え続けてい状況です。現在、テスラを本当に悩ませているのは、テスラの成長を阻む最大の障害であるサプライチェーンの問題なのです。

マスクCEOは、原材料の不足と、ここ数カ月は中国でのコロナロックダウンによる組み立てラインの停止によって、生産に支障をきたしていると説明しています。こうした中、同社は高い需要に対応するのに苦労しており、このため、成長が鈍化し、この第2四半期はテスラにとって非常に困難な四半期となる可能性が高くなってきているのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました