テスラ、新しいビジュアライゼーションに新しい「動物」出現?

tesla-horse TESLA News
https://twitter.com/Cbiggs90
スポンサーリンク

ライオン、トラ、クマ…、テスラのニューラルネットワークによる動物認識に関するイーロン・マスクの最新ツイートには、これらの動物は含まれていませんが、犬、猫、馬は含まれています。

テスラ車の物体認識能力について言えば、自動車の通り道に迷い込むかもしれない様々な動物の新しいビジュアライゼーション(視覚化映像)を含むアップデートのリリースを準備しているようです。

動物認識に関しては、現在テスラは「犬」しか可視化しませんが、他の動物であってもそれを犬として表示することが多いようです。

tesla-purevision

これはニューラルネットワークによるトレーニング不足によるもので、テスラ車がまだ犬、馬、猫の区別がつかないのです。動物の写真を追加して分類するなどして、彼らのニューラルネットワークをトレーニングすれば簡単に直ると考えられます。

近いうちに、新しい動物のビジュアライゼーションが実現しそうで、一番わかりやすいのは、鹿や馬、ポッサムなど、街角の近くで定期的に見かける動物かもしれません。

自動車業界の競合他社が、テスラに遅れをとっていた電気自動車の開発で成果を上げている一方で、テスラのニューラルネットワークが最先端であることは否定できません。

このニューラルネットワークにより、今後テスラは100万台以上の参加車両からライブデータを収集することができるのです。これらの膨大な実世界のデータセットを活用して、ドライバーにとって危険となりうる物体を特定するためのAIアルゴリズムを学習させているので、その性能の優越性は揺るぎないものでしょう。

テスラは、「オートパイロットのニューラルネットワークのフルビルドには、トレーニングに7万GPU時間を要する48のネットワークが含まれます。」と主張しています。

ユーザーは、さまざまな車種を認識する車の能力が劇的に向上したことに気づいていますが、新しい動物が追加される可能性が高いことは興味深い追加点です。

FSDベータ10.12で、テスラは多数のビジュアライゼーションのアップデートを追加しました。約2週間後に予定されているFSD Beta 10.13では、さらに上記の新しい動物が追加されるのでしょうか?

まだ先の話ですが、テスラ車の環境認識能力が向上し続けることは、楽しみであることに変わりはありません。

テスラのソフトでドライブスルーで馬を認識できるようにならないかな...ワットバーガーで。 ここはテキサスですよ、冗談です。

このクルマは、何かがそこにあることは知っていますが、それが馬であることはまだ知りません。犬や猫、その他多くの動物はまもなく認識できるようになります。
この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました