テスラ、新型高解像度レーダーユニットFCC認証取得、セミ、サイバートラック、オプティマスに搭載の可能性も

tesla-radar TESLA News
Credit:Tesmanian
スポンサーリンク

テスラは、セミ、サイバートラック、オプティマスのいずれかに搭載するかもしれない高解像度レーダーユニットを新たにFCC(米国連邦通信委員会)に登録しました。この登録により、同社はこの新しいレーダーを搭載した製品を米国で販売することができるようになりました。

tesla-bot2
Credit:Tesla

テスラは昨年、車両へのレーダー搭載を段階的に廃止し、カメラのみを搭載した車両の製造を開始しました。2021年5月からは、テスラビジョンへの段階的な移行が始まりました。現在、この技術を使用する同社の車は、カメラとニューラルネットワーク処理に完全に依存し、オートパイロット、FSD、および一部のアクティブセーフティ機能を提供しています。

テスラCEOのイーロン・マスク氏は、カメラとレーダーからのデータの衝突が逆に障害につながる可能性があるとし、そのためテスラの車ではレーダーが削除または無効化されたと述べています。しかし、忘れてはならないディテールがあり、彼は、「非常に高い解像度のレーダーだけが関連している」と言及していました。

2022年6月7日、テスラが新しい高解像度レーダーを米国連邦通信委員会(FCC)とその技術認可・評価部門に登録したことが、テスラの開発を追う複数のTwitterアカウントによって報じられました。この文書は一般的なものであり、デバイスの特性を示すような詳細は開示されていません。しかし、もしテスラが非常に高解像度のレーダーを開発したのであれば、同社がFSDの開発をさらに支援するために車両に使用する可能性があります。

この装置は、現在生産されている自動車のラインナップには過剰かもしれませんが、将来の製品では必要かもしれないことを心に留めておく必要があります。例えば、テスラセミやサイバートラックに使用することは意味があるかもしれません。これらは大きなクルマですから、環境情報を収集するためのソースが増えることで、とても便利になる可能性があります。

また、ヒト型ロボット・オプティマスですが、人間より少し小さいとはいえ、人の近くを移動するわけですから、特に注意が必要でしょう。人間は比較的壊れやすい生き物なので、もしロボットが私たちの生活の中に入ってきたら、誤って危害を加えないように、上手に私たちの間を移動しなければなりません。その場合、オプティマスはより正確なデータを収集するためのハードウェア一式を必要とします。オプティマスのボディに複数のカメラを搭載するのはテスラにとって意味がないので、カメラが前面にある一方で、レーダーは背面にあればいいのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました