テスラ株は、2022年に高騰する可能性

tesla-logo-gray TESLA News
スポンサーリンク

テスラ(NASDAQ:TSLA)株はベアケース(弱気相場)が薄れ、2022年にかなりのスピードで上昇できると日本のみずほ証券は指摘しています。目標株価は1株当たり1300ドルで、同社は乱高下する市場で「うまく運んでいる」としています。

テスラはみずほ証券のアナリスト、ビジェイ・ラケッシュ氏から強気な見通しを得ました。同氏は、テスラ社の販売と生産の成功が続いていることを理由に、BUY(買い)推奨を再確認しました。乱高下する市場環境にもかかわらず、同アナリストはTSLA株の目標株価をここ数カ月でウォール街が設定した最高値の1つである1,300ドルに設定しました。

特に注目すべきは、ラケッシュ氏がテスラの上昇ポテンシャルを強調していることです。2022年第2四半期にギガ上海工場の生産が一時的に停止したことを理由に目標株価を引き下げたアナリストもいますが、みずほ証券は同社の展開をよりグローバルに見ているようです。最近のCNBCとのインタビューで、ラケッシュ氏は、中国コロナ禍ロックダウン中のサプライチェーン問題にもかかわらず、テスラは良い仕事をしており、投資家にそのアップサイドの可能性を確信させるはずだと強調しました。

「我々は、テスラが米国カリフォルニア州フリーモント工場と主要なハブとして主に中国上海だけで生産することができる能力が潜在的に140万台程度だと信じています。」とアナリストは、クライアントへのメモで述べています。彼は、ギガ上海工場での立ち上げが第2四半期に困難をもたらす可能性が高いことを認めながらも、この株式に賭けない理由はないと見ているようです。

「4月の月産台数は4万台で、1月の5万1千台から22%減少しており、6月期のトップラインは前四半期比で減少する可能性があります。とはいえ、サプライチェーンの改善とドイツベルリン工場の立ち上げにより、9月期/12月期の反発が強くなる可能性はあるとみています。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました