イーロン・マスクがロスレスオーディオの改良を示唆、Apple Airplayの可能性も?

tesla-interior TESLA News
スポンサーリンク

昨夜のツイートスレッドで、イーロン・マスクCEOは、テスラのオーディオエンジニアリング部門は、テスラ車にロスレスストリーミングを追加するための改善を検討すると述べました。

マスク氏は、テスラのオーディオ品質は業界最高レベルだが、Bluetoothストリーミングに制限されていることが問題だというTwitterユーザーからのコメントに答えました。

TwitterユーザーのShibaDoge(@JaconB1290H)は、Apple Airplayを追加することが可能かどうか尋ね、それに対してマスク氏は、「他の改善」と共に、彼のチームと議論すると述べました。

シバ・ドージ
「テスラの機能をリクエストすれば、それが追加される可能性があるのがいいですね。例えば、テスラのスピーカーシステムはとてもいいのですが、Bluetoothの品質に制約があります。AirPlayを追加してもらえないでしょうか?AirPlayは、ロスレス・ストリーミングの機能を追加するものです。必要なハードウェアはすでに存在しています。」

イーロン・マスク
「テスラオーディオエンジニアリングと、この点やその他の改善点について話し合う予定です。新しいモデルSとXのサウンドシステムは信じられないほど素晴らしいです。」

つまり、アップルのAirPlayがテスラに間もなく登場するということなのでしょうか?それとも、テスラはBluetoothや他の市場オプションに代わる独自のロスレスストリーミングテクノロジーを開発するのでしょうか?

テスラがアップル関連のもの(CarPlay, Apple Music)を実装しておらず、すぐにでも実装する気配がないことを考えると、前者がより可能性の高い選択肢と言えます。

ハッカーの@greentheonlyは、数年前にソースコードにApple Musicの証拠を発見しましたが、彼は最近、それが削除され、それ以来再浮上していないことを指摘ています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました