テスラ ギガファクトリー・ベルリン、さらなる施設拡張のための申請手続きを正式に開始

giga-belrin01-1 TESLA News
スポンサーリンク

テスラの欧州初の巨大工場、ギガファクトリー・ベルリンは、申請書を提出し、正式な拡張手続きを開始するようです。この施設拡張は、隣接する100ヘクタールの追加敷地を指し、倉庫と貨物駅を収容する予定です。

テスラが計画しているドイツのグリューンハイデの拡張は、2022年5月25日(水)に正式に開始されたと報じられています。同社は、既存の土地に隣接する東側、RE1鉄道線と州道L23およびL38の間に位置する100ヘクタールの土地を追加購入する意向です。

giga-belrin-inside-15
https://youtu.be/IO5XC1x27gg

テスラがこの土地で建設を開始するためには、グリュンハイデ市議会がこの土地の開発計画を変更する必要もあるようです。そこで、テスラは申請書を提出し、グリュンハイデ市長のアルネ・クリスティアンニ氏がこれを確認しました。

「グリュンハイデ市は、現在の敷地のすぐ近くで、プランBの手続きを開始する申請を受け付けました。」

開発計画とは、市町村議会が許可する必要があり、土地に何が建てられるかを規制するものでもあります。建築基準法には、開発計画を策定するための明確な手順が記されています。

グリューンハイデ市の主要委員会は、早ければ6月2日、つまり1週間以内にこの申請内容を検討することになると報じられています。クリスティアニ市長は、これをプランBのプロセスの開始のサインとみています。

「このプロセスの中で、プランBのプロセスに関連するすべての問題が、地域住民の代表の希望に沿ったものであるかどうかが明らかになるでしょう。」と市長は述べています。

クリスティアニ市長は、市議会の主要委員会のメンバーの過半数が、開発計画の策定プロセスの開始を推奨することを想定しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました