テスラモデル3、それは良い買い物ですか?

model-3-gray トピックス
https://youtu.be/KZmPSWknnqU
スポンサーリンク

モデル3はテスラで最も安価なEVですが、それでもまだ高価です。ガソリン車よりも十分な節約が可能でしょうか?

電気自動車はガソリン車よりも初期費用が高いですが、燃料費や維持費がガソリン車よりも安いので、長期的に見ればそれなりの節約になるかもしれません。ガソリン価格が高騰している今、その節約効果はさらに明らかなはずです。しかし、例外もあります。このオーナーは、テスラ・モデル3を1年以上所有するためにどれだけの費用がかかったかをYouTubeで共有しています。

テスラ・モデル3は、テスラの他のモデルほど高価ではありませんが、それでもそれほど安くはありません。テスラはこれまでたびたび値上げをしており、エントリーモデルのモデル3は現在46,990ドルからとなっています。テスラが提供していた35,000ドルのバージョンとはかけ離れた価格ですが、電気自動車としては突拍子もない価格ではありません。モデルYは現在60,000ドル以上からで、ほとんどのプレミアムEVはモデル3より高い価格設定になっており、おおむね4万ドル以上の開始価格を載せている状況です。

いずれにせよ、ライアン・ショー氏は最近、モデル3の1年間の所有コストをYoutubeで共有しました。

ちょうど1年前、ショウは最も安価なモデル3を手に入れたましが、当時このモデルは「スタンダード・レンジ・プラス」と呼ばれていました。しかし、今ではベースバージョンは単にモデル3RWDと呼ばれています。

2021年モデルのモデル3スタンダード・レンジ・プラスは、単一モーターの後輪駆動セダンで、EPA推定で263マイルの電気航続距離を持つバリエーションです。

https://youtu.be/KZmPSWknnqU

ショウはモデル3を13カ月間所有し、その間に約9,000マイルを走破しました。彼は、税金と手数料を含む車のために支払ったコストを、そして充電、保険、メンテナンスなどにいくらかかったかを紹介しています。

モデル3は、カリフォルニア州の店頭で1,500ドルのリベートを受けながらも、13ヶ月の総所有コストで約45,000ドルの出費となりました。もし彼が自宅で充電するだけなら、約9,000マイルの移動にかかる費用はわずか465ドルだったでしょう。電気代やファントムドレイン(駐車中に放電する電力量)も考慮しましたが、電気代は場所や時間帯によって異なります。例えばスーパーチャージャーを使えば800ドルを超えることになりますし、一方、同じようなガソリン車を運転した場合、1,500ドル以上の費用がかかることになります。

この時点で、ショウのモデル3の所有コストについては、以下のビデオを見ていただければ詳しくわかります。ただし、最初の13カ月間、彼がメンテナンス費用を一切かけなかった、必要なかったことはお伝えしておきます。

また、ショーは、今日モデル3を売ればおそらく6,000ドル儲けることができる、つまり1年以上タダで運転したことになる、とも述べています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました