「血の雨が降る」イーロン・マスク氏、渦中の訴訟部門新設を発表

ted-talk-elon-02 TESLA News
https://youtu.be/cdZZpaB2kDM
スポンサーリンク

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏にとって、この数週間は大変な時期でした。先月の今頃、テスラ株は史上最高値に近づき、マスク氏はTwitterの買収を目前にしていました。しかし現在、Twitterとの取引は行き詰まり、テスラの株価は30%以上急落している状況です。一方、マスク氏は半世紀前にさかのぼる性犯罪の疑惑にも直面しています。

金曜日にマスク氏はTwitterで、テスラが彼直属の「ハードコア」な訴訟部門を設立すると発表しました。彼は、この部門は「我々に対する正当な訴訟では決して勝利を求めない」が、同様にテスラに対する不当な訴訟でも決して降伏しない、と述べています。

マスク氏は、この部門への応募希望者に対し、「卓越した能力の証拠となる3~5個の箇条書きを添えて」justice@tesla.com にメールを送るよう呼びかけました。

汚職を生業とするパーキンスやクーリーのような 白人弁護士ではなく、筋金入りのストリートファイターを求めている。

血で血を洗うことになる。

興味深いことに、テスラはすでに中国でかなり強力な法務チームを持っています。テスラの中国の法律顧問は、過去に何度も報道機関やソーシャルメディアのインフルエンサーに対して、虚偽の記事を封じ、謝罪を要求してきました。マスク氏は今、欧米諸国でも同様のことを望んでいるようです。

テスラは最近、米国でいくつかの訴訟に直面しており、なかでも人種差別事件では、黒人の元契約社員が1億3700万ドルを勝ち取りました。しかし、世論の反発を受け(このような巨額の賠償金は一個人ではなく、多数の活動家グループに支払われるべきと考える人が多かった)、テスラが控訴した結果、サンフランシスコの判事によって賠償額は1500万ドルに大幅に減額されました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました