2022年第1四半期、米国カリフォルニア州で最も売れた車はテスラモデルYとテスラモデル3

tesla-model-y TESLA News
スポンサーリンク

テスラモデルYとモデル3は、2022年第1四半期に米国カリフォルニア州で最も売れた自動車となり、最も人気のある内燃機関自動車をも上回りました。カリフォルニア州民は電気自動車を選ぶ傾向が強まっており、テスラ車はその最有力候補となっています。

CNCDA(California New Car Dealers Association)のデータによると、カリフォルニア州の今年第1四半期の自動車新規登録台数は前年同期比で13.8%減少し、全米の15.7%減と同じような傾向となりました。同州の新車登録台数は、2四半期連続で10%以上減少したということになります。今後も在庫の逼迫が続くことから、今年第2四半期の登録台数は20%以上減少する可能性があるとみられているようです。仮に供給が潤沢であったとしても、市場は前年同期を上回ることは困難であったでしょう。

電気自動車のシェアは前四半期に引き続き大幅に増加しましたが、プラグインハイブリッドのシェアは減少し、ハイブリッドのシェアはわずかな増加にとどまりました。2022年第1四半期の推定電気自動車市場シェアは前年同期比14.6%増加、ハイブリッド車のシェアは11.1%増加、プラグインハイブリッド車のシェアは2.6%増加しました。

model3-blue

テスラのモデルYとモデル3は、2022年第1四半期に最も人気のある内燃エンジン車の販売台数をも上回るベストセラー車となりました。テスラはモデルYを21,812台、モデル3を21,506台登録しました。最も近い競合車であるトヨタRAV4は15,990台を登録し、同州の販売台数で3位となりました。トヨタ・カムリは12,257台の登録台数で4位につけています。トップ5を締めくくるのは、登録台数11,057台のホンダ・シビックとなっています。

当然ながら、それぞれのセグメントでは、モデルYとモデル3も販売台数をリードしている。モデルYは、ラグジュアリーコンパクトSUVのベストセラーとなり、市場シェアの55.5%を獲得しました。モデル3は、65.2%の市場シェアを獲得し、ニア・ラグジュアリー・セグメントをリードしています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました