ホンダ、新型EVと遅れている電動化戦略を「急ぐ」計画を併せて発表

Honda-Prologue TESLA News
Credit:HONDA
スポンサーリンク

本田技研工業は、GMと共同開発する電気自動車SUV「プロローグ」のスケッチを公開しました。これは、主にバーチャルリアリティ可視化技術を使用して設計された初の車両です。さらに、10年後までに世界で30台のEVを導入するための3つのフェーズを含む、EV販売戦略の最新情報を公開しました。

本田技研工業はレガシーな自動車メーカーですが、電動化を拡大する目標を共有するために、必然的に競合他社に加わることになり、当初は2040年までに電動化率100%の販売を実現すると公約していました。

ここでいう「電動化」(electrified)と「完全電動」(pure electric)の違いには注意が必要で、ホンダの電動化戦略の大部分は、現在でも水素燃料電池車(HFCV)やハイブリッド車を含んでいるからです。

100%電気自動車(pure electric:BEV)については、ホンダはまだ北米に1台も送り出していません。BEVの販売見込みについてはこれまで懐疑的でしたが、ホンダは今回の新型プロローグで初のオール電動の量販モデルを提供する予定です。

このオール電動SUVは、GMのアルティウム電動プラットフォームをベースとし、2024年にアキュラのオール電動SUVと一緒に登場する予定です。それでも、ホンダはこの時点まで、これら2つのEVの年間合計生産能力をわずか7万台と約束しているに過ぎない状況です。

今日、ホンダは次期プロローグSUVのスケッチを予告し、すでに精彩を欠いている全電動化計画を加速させるための最新情報を共有しました。

ホンダのEV戦略はプロローグを皮切りに

プロローグのレンダリング動画と同時に、ホンダは北米におけるEV販売戦略の最新フェーズをプレスリリースで公開しました。アメリカ・ホンダ・モーター社自動車販売担当副社長のママドゥ・ディアロ氏は、GMとのプロローグのデザイン、そしてホンダの将来について語りました。

「私たちは2年前に、GMと電気自動車を共同開発するという、スマートな戦略を発表しました。その結果、より効率的なプロセスだけでなく、素晴らしい外観の新車、ホンダ・プロローグが誕生することになります。我々のディーラーは、プロローグと、それが最初の量産ホンダEVに過ぎず、我々が北米で製造を開始するホンダエンジン搭載EVは、2026年にさらに市場に投入されるという事実に、大きな期待を寄せています。」

特に北米について、ホンダは2030年までのEV導入について、以下の3段階のタイムラインを共有しました。

  • 2024年:ホンダ・プロローグの販売開始
  • 2026年:新型e:Architectureをベースとしたホンダ車の生産・販売開始
  • 2027年:GMと共同開発した新アーキテクチャーをベースとした低価格EVの新シリーズの生産・販売開始

ホンダは、これら3つのフェーズを展開した結果、2030年までに北米で50万台のEVを販売する計画だとしています。参考までに、テスラは2022年の第1四半期だけで31万台のEVを納車している。

このニュースだけでは物足りないなら、ホンダはディーラー施設の更新を発表し、個々のディーラーの売上に応じて必要なEV充電インフラを含む新しいモジュール空間を提供するとのことです。

Credit:HONDA

ホンダの「加速」戦略は2024年のプロローグから始まります…。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました