テスラがその工場で目指す脱炭素に向けた5つのアプローチ

tesla-impact-report-2022 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、その工場や製品の改良によって、常に二酸化炭素排出量を減らしています。最終的には、低炭素生産が、各メーカーの効率と地球への影響を判断する重要な指標になっていくことでしょう。

テスラ車は、これまでに製造された電気自動車の中で最も効率的な車の一つです。最初のモデルSでは、3.1EPAマイル/kWh(EPAマイル:米国環境保護庁の認定している電費。およそ5km/kWh)のエネルギー効率を達成することができ、モデルY全輪駆動(AWD)は4.1EPAマイル/kWh(約6.6km/kWh)を達成し、これまで生産された電動SUVの中で最も効率的な車となっています。テスラ車の効率性は、同じセグメントの競合他社と比較してまだ大きい状況です。加えて同時に、全てのテスラ車はエネルギー効率だけでなく性能も高くなっていますが、これは他メーカーの電気自動車の例が示すように、そう簡単には実現できないことです。

テスラは2021年インパクトレポートにおいて、同社の技術とパワートレインの効率性を向上させることで、車両のエネルギー効率は継続的に改善されると述べています。

また、テスラが今後発売するロボタクシーのような高走行距離の製品は、ハンドリング、加速、最高速度がそれほど重要でなくなるため、エネルギー効率を最大限に高めるように設計することを示唆しています。これにより、顧客にとってのコストを最小化し、距離あたりの二酸化炭素排出量を削減することができます。この他にも、テスラは二酸化炭素排出量をさらに削減するために、さまざまな取り組みを行っています。

より良いデザイン、より効率的な工場を新たに建設する

サステナブルな方法でゼロから工場を建設することは、エネルギー消費量の削減に大きな影響を与えます。テスラは、継続的な改善を追求するため、新しい工場を建設するたびに、以前の工場よりも優れた、よりサステナブルな工場を建設しています。例えば、ギガファクトリー・テキサスでは、建物の冷暖房需要を削減するために、高効率で断熱性の高い低放射率の窓を選択しました。また、コンプレッサーからの廃熱回収だけで、プロセス加熱のための1MW以上の天然ガス消費量を相殺することができます。ギガファクトリー・ベルリンとギガファクトリー・テキサスでは、さらなる改良が続けられます。

ソーラーパネルで屋根を覆う

テスラの新しい工場はすべて、ソーラーパネルで覆われるように設計されています。2021年末時点で、同社は21,405kWの太陽光パネルを設置しており、その大部分はギガファクトリー・ネバダ、ギガファクトリー・ニューヨーク、カリフォルニアの製造拠点の屋根に設置されています。テスラは、可能かつ経済的に実現可能な範囲で、これらの施設やその他の施設の容量を増加させ続けています。また、ギガファクトリー・テキサスやギガファクトリー・ベルリンの屋上にもソーラーパネルの設置が確認されています。

Credit:Tesla

AIを活用した工場の効率化

テスラは、ギガファクトリー・ネバダの6年間のセンサーデータを活用して人工知能(AI)プログラムを訓練し、総電気負荷6MWを占める、相互接続された195台の空調ユニットを安全に制御しています。運用開始から丸1年が経過し、ベースライン使用量から大幅に負荷が削減されたことが確認されています。AI制御は、ギガファクトリー・ネバダのHVAC機器(空調機器)や同社の他の工場のHVAC機器のより大きな割合を制御するよう拡張することで、テスラに大きなエネルギー節約をもたらすと期待されています。

生産工程で消費電力を70%以上削減可能な自社製4680セルに移行

バッテリー関連イベント、テスラ・バッテリー・デー2020で、テスラは乾式電極プロセスによるバッテリーセルの新しい製造方法を紹介しました。この新しいプロセスでは、正極または負極の粉末から電極フィルムに直接移行することができ、セルの製造工程全体におけるエネルギー消費を70%以上削減することができると分析しています。

テスラの全事業において再生可能エネルギーを可能な限り活用

テスラは、工場、販売・サービス・配送拠点、スーパーチャージャーネットワークなど、すべての事業において、エネルギー消費を可能な限り速やかに再生可能エネルギーに転換していく計画です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました