2022年第1Q米国でEV60%増、テスラがけん引役

tesla-all-lineup TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

生産停止やサプライチェーンの制約など、自動車メーカーには数々の課題がありますが、2022年第1四半期は電気自動車(EV)を生産しているメーカーにとって非常に好調な時期となりました。

EVの登録台数は、今年最初の3カ月間で60%も急増し、合計15万8689台となりました。全体では、米国の乗用車登録台数の4.6%がEVだったという事になります。

オートモーティブ・ニュースによると、当然のことながら、テスラの4モデル(モデルS・3・X・Y)は全てEVトップ10に入り、EV登録台数全体の71%以上にあたる113,882台の販売を記録しました。

tesla-all
Credit:Tesla

一方で、他のEV専用車メーカーについては、あまり良い結果とは言えない状況です。ポールスターは2,384台、リビアンは701台、ルーシッド・モーターズに至っては308台でした。これらの成績は、少なくともテスラの第1四半期の数字には遠く及びません。

EVの販売面では、コックス・オートモーティブはEVの販売台数を173,561台、乗用車市場の5.2パーセントと発表しています。テスラは第1四半期に113,882台販売したので、59%の販売増を記録したことになります。

この結果により、テスラの米国におけるEVの市場シェアは65パーセントに達しましたが、これは大きな驚きではありません。

世界的にピュアEV市場ではテスラが依然として優勢ですが、フォード、現代、起亜、フォルクスワーゲン、ボルボのEV新車種が堅調な成長を牽引していくと考えられます。

登録台数で2桁に入った自動車メーカーは他にはありませんが、工場から生産ラインに出てくる車が増えれば、従来の自動車メーカーの販売台数や登録台数も増えるかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました