テスラ、2021年の1年間に300万件もの求人応募

tesla-model-y-red TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、2021年のインパクトレポートで、昨年、採用希望者から300万件の求職の申し込みがあったと述べています。

テスラは報告書の中で、以下のように述べています。

「優秀な人材を惹きつけ、育成し、保持することで、多様で優れた候補者のパイプラインを構築するとともに、従業員になった後も彼らをサポートする包括的な文化を育んできました。直接雇用の機会、インターンシップ、人材開発プログラムなどを通じて、テスラのミッションに参加することへの関心はかつてないほど高まっています。2021年だけで全世界で300万人以上の採用応募がありました。」

テスラには、ここ数年、入社希望者が増えています。2019年、テスラには約75万件の求人の応募がありました。2020年には約225万件の応募に増え、2021年にはさらに増えて約300万件となっています。

テスラは、多くの新しい支援プログラムや取り組みを通じて、より多くの応募者に入社を促したと述べています。

「私たちは、採用プロセスにおいて多様性、公平性、包括性(DEI)を中心に据えることで、社会的地位の低いコミュニティへの採用機会へのアクセスを拡大させました。私たちは、職務記述書にジェンダーニュートラルな表現を増やし、ソーシング活動を広げ、面接ガイドを刷新し、コミュニティとのパートナーシップを築き、無意識の偏見について教育し、採用担当者、採用マネージャー、面接パネリスト向けのトレーニングを促進することでこれを実現しました。」

世界の採用応募者数年間累計人数
Credit:tesla

2021年のユニバーサムの調査によると、イーロン・マスクの航空宇宙事業体スペースXとともに、この自動車メーカー・テスラは新卒のエンジニアにとって非常に魅力的な存在となっています。新卒エンジニアの間ではスペースXがトップで、テスラは2位にランクインしました。

NASA、ロッキード・マーティン、ボーイングが上位5位を占めました。テスラ以外の自動車メーカーでランクインしたのはゼネラルモーターズで、最も魅力的な職場として17位にランクインしました。フォードは20位にランクインしています。

テスラは、世界の自動車産業を破壊する革新的な企業として、非常に魅力的な企業です。

テスラは、EVムーブメント全体の触媒として広く知られていますが、製造業を含む他の多くの関連トピックに革命を起こすことに成功しました。CEOのイーロン・マスク氏は、自動車製造の最初から最後までの全プロセスを理解するという観点から、歴史上最も精通したCEOの一人です。

マスク氏は、テスラが勢いに乗り、信じられないほどの速さで成長するために、製造の効率化に注力してきました。「テスラは製造業において、他の誰よりも絶対に頭一つ抜きん出る。それが私たちの目標です。」と、マスクは2020年に語っています。

テスラの製造工程では、ほぼすべての部分にエンジニアリングが関わっていますが、各分野のスペシャリストを膨大に必要としていることが、テスラを特別な存在にしているのです。工業エンジニアは製造業をさらに進化させることができますが、ソフトウェアエンジニアはテスラのオートパイロットとフルセルフドライビングスイートの改善に貢献することができます。

世界の持続可能なエネルギーへの移行を加速させるために必要なエンジニアは、決して不足することはないのです。

テスラのインパクトレポートは以下をご確認ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました