EV新興企業はテスラのスマートフォンアプリに及ばない

model3-headlight TESLA News
スポンサーリンク

自動車関連のスマートフォンアプリの利用は増加傾向にあり、EVの所有に不可欠であることは間違いないが、多くのオーナーがその技術に不満を抱いている。

グリーン・カー・コングレスのレポートによると、J.D. パワーは最近、自動車メーカーのスマートフォンアプリに関連した最新の調査結果を発表しました。

「J.D.パワー EV アプリ・ベンチマーク・スタディ」と題されたこの調査は、米国と欧州の自動車所有者が、以前よりもずっとこうしたアプリを利用しており、特に電気自動車所有者にその傾向があることを示唆しています。

スマートフォンのアプリは、ガソリン車の所有者にもメリットがありますが、EVの所有者には特に便利で、EVの航続距離や充電状況の確認に使われることが多く、その他にも、移動ルートの作成、充電ステーションの検索、車の事前準備など、さまざまな機能があります。

J.D.パワー社は、米国で15車種、欧州で6車種の電気自動車を対象に、20の自動車メーカーのスマートフォンアプリを中心に評価を行いました。2022年3月に完了したこの調査は、米国内の1,000人以上のEVオーナーに質問したものです。J.D.パワーはその調査結果から、調査対象となった電気自動車オーナーの50%以上が、「運転時間の半分以上」に自社ブランドのスマートフォンアプリを使用していることを明らかにしました。

とはいえ、J.D.パワー社は、スマートフォンアプリに関しては、テスラをリーダーと指摘しています。さらに、多くの既存自動車メーカーもスマートフォンアプリでしっかりとした仕事をしていると指摘しています。しかし、新興のEV企業の中には、テスラのように迅速で豊富な機能を持つアプリを作るのに苦労しているところもあるようです。

この調査では、最も優れたアプリは、フォード、ジェネシス、起亜、ヒョンデ、そしてテスラのモバイルアプリであることが判明しています。

tesla-model3-black02

テスラは全世界でEV販売をリードしていますが、最近ではルーシッドやリビアンなど注目すべき新興企業が市場に出てきています。J.D.パワー社の専門家によるベンチマークによると、そうしたEV新興企業は、モバイルアプリ関連の機能、コンテンツ、全体的な機能性で問題を抱えていることが判明しました。J.D.パワー欧州の自動車コンサルティング・ディレクターであるファビアン・チョワネッツ氏は、グリーン・カー・コングレスを通じて次のように語っています。

「新しいEV新興企業は、消費者の期待をよりよく理解し、モバイルアプリがテスラなどの既存のEVメーカーや、すでにデジタルサービスに多くの労力を費やしている他のブランドの基準を満たすことを保証する必要があります。EV市場の新規参入組の多くは、オーナーが求める必要なアプリコンテンツを提供していません。」

チョワネッツ氏は、電気自動車のオーナーは、アプリを使って充電スタンドを素早く見つけたり、車の充電プロセスを設定したり、EVの高度な技術機能に関連する情報を求めたりすることを期待していると付け加えています。

一方、J.D.パワー社でグローバル自動車コンサルティングのシニアマネージャーを務めるジェイソン・ノートン氏は、上記のアプリを使っている人は別として、ほとんどのEVオーナーはEVアプリのスピードや機能性に満足していないようだと話しています。

彼は、自動車メーカーは全体的なユーザーエクスペリエンスに重点を置く必要があると指摘しています。銀行の顧客は、口座の残高を確認するのに1分も待たされるのは嫌だろうし、EVの所有者は、EVのドアがロックされているかどうかを確認するだけで、それほど長く待つ必要はないはずだと言うことです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました