テスラモデルSが衝突で全損。ダッシュカム映像が証拠として使用される

tesla-model-s-crash TESLA News
https://youtu.be/txPV2KxR6Hw
スポンサーリンク

全てのテスラ車に内蔵されたダッシュカムは、あなたの無実を証明するために非常に貴重な存在であることを証明しています。

下の動画を見ていただければわかると思いますが、このテスラモデルSは赤信号を無視した車との正面衝突で全損しています。内蔵されたダッシュカム(テスラカム)の映像が、テスラのドライバーの無実を証明しています。

https://youtu.be/txPV2KxR6Hw

自動車事故の場合、当局が誰に過失があったかを把握するのは必ずしも容易ではなく、保険への対応に関しても複雑な事態を招くことがあります。通常、両方のドライバーに各々の言い分があり、言い分が異なっていても驚くには値しないでしょう。

このため、現場にいる警察は、話の内容だけでなく、現場からの手がかりも頼りにしなければなりません。さらに重要なことは、実際に目撃者がいる限り、他の目撃者に何が起こったかを尋ねることができるということです。しかし、もし誰かがダッシュカムの映像を持っていれば、それは非常に大きな助けになります。

というのも、テスラの全車両には、「テスラカム」という造語のダッシュカムが標準装備されているのです。下のYouTube動画にあるテスラカムの映像では、モデルSのドライバーが赤信号で左折を完了しなければならないことがわかります。彼は交差点で曲がるのを待っている間に信号が変わりました。彼は、前方から誰も来ていないことを確認してから、旋回を完了させようとしました。しかし、対向車が赤信号を無視してテスラに衝突してしまったのです。幸いなことに、この事故の重大性にもかかわらず、誰も怪我をすることはありませんでした。

モデルSのオーナーの保険会社は、もしテスラカムの映像がなかったら、自分が曲がっていて相手が直進していたので、自分の過失とみなされただろうと告げました。映像に基づき、保険会社は相手の過失を認めましたが、モデルSが全損となったため、これは確かに助かりました。

下のビデオには、他にも興味深いクリップがたくさんありますので、ぜひご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました