ドイツ政府高官、ロシア産ガスからの移行に「テスラ・スピード」での取り組みを呼びかけ

giga-belrin-2 TESLA News
スポンサーリンク

今年初め、「テスラのスピードで電力システムを変革しなければならない」と発言して話題になったドイツのロベルト・ハーベック副首相が、今度はロシア産のガスへの依存度を減らすために大きな努力をするよう呼びかけています。天然ガスはドイツにとって最も重要なエネルギー源の一つであり、その約55%をロシアから輸入しています。

「もし私が選挙期間中に、10ヵ月後にLNG(液化天然ガス)基地を建設すると言っていたら、『ここに変な選挙公約を掲げる政治家がいるが、彼らは決してそれを守らない』と言われたことでしょう。それでも、今は何らかの形で非現実的なことをやってみなければならないと考えています。」とハベック氏は言っています。

ドイツ政府は、ロシア産の天然ガスからの離脱は2024年半ばには可能になるであろうと指摘しています。しかし、ロシアとウクライナの戦争を考えると、もっと早い時期が妥当なのかもしれません。2023年の実現は可能かとの質問に対し、ハベック氏は、「ドイツの(建設)時間計算によれば、そのような目標は通常現実的ではありません。」と述べました。

このドイツ政府関係者は、テスラのギガファクトリー・ベルリンの迅速な建設に感心している人たちの一人です。この施設は数々の難題に直面したにもかかわらず、超巨大電気自動車工場はわずか2年で建設され、操業を開始しました。先月の記者会見でハベック氏は、ドイツは「このままのペースではいけない」と発言しています。

giga-belrin-fy22
Credit:Tesla

また、ギガファクトリー・ベルリンの建設が成功したことで、新しい再生可能エネルギー発電設備や新しい液化天然ガス(LNG)ターミナルの建設など、同様の野心的プロジェクトが同様のスピードで完了する可能性があることを示したと述べています。ハベック氏は最近、ロシアの天然ガスから自立するドイツの必要性について語る中で、このことを強調しました。

「今こそ建設だ。杭を打てばいい。杭を打つ、桟橋を作る。掘削機を運転する人がいて、そのための許可証を作らなければならない。迷ったら、早めに行動を開始しなければならない。まず、パイプを入れる溝を掘って、それから許可を取るのです。」

幸いなことに、他の企業もハベックと同じ考えを持っているようです。

Euractivの報道によると、この当局の目標を実現するために、すでに企業が列をなしているようです。クリスチャン・リンドナー財務大臣も、ドイツの沿岸部の深海港に係留可能な浮体式LNGターミナルのリースのために30億ユーロを用意したとの報道もあります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました