テスラモデルXが日産GT-Rニスモとドラッグレースで対戦!

nissan-gtr-tesla-model-x-plaid TESLA News
https://youtu.be/fQL_Nj0rp9E
スポンサーリンク

先進の電気自動車は、サーキット走行に特化したスポーツクーペを打ち負かすことができるのか?

日産GT-Rが2009年に発売され、一時期は性能の高さを誇ったことを、クルマ好きな人なら覚えているかもしれません。デビューから10年以上経った今、ニスモバージョンがテスラ・モデルXとどのような対決をするのか、この動画でご覧ください。

GT-R ニスモの出力は600馬力(447キロワット)で、モデルXの670馬力(500キロワット)には及びまん。しかし、日産の重量はテスラよりかなり軽く出来上がっています。この差によって、GT-RはここでモデルXと戦うチャンスが与えられているのです。

2022年日産GT-Rニスモ特別仕様車

https://www.motor1.com/photo/4400287/tesla-model-x/

また、これらのクルマは全く異なる用途を持つことも特筆すべき点です。モデルXは家族を乗せるクロスオーバーであり、直線では驚くほど速い車です。一方、GT-Rニスモは、このスポーツクーペのサーキット走行に特化したバージョンです。

今回の映像での天候は、ドラッグレースには不向きなものでした。霧がかかっていて、走路は濡れている状態です。いわば両車の全輪駆動システムが試されるコンディションです。

第1レースはドラッグレースです。モデルXが序盤でリードしますが、1/4マイルを過ぎたあたりからGT-Rがロケットを思わせる勢いで追い上げてきます。ゴールでは、日産が鼻の差で勝利しました。

テスラモデルX Plaid

https://www.motor1.com/photo/4400287/tesla-model-x/

次に、時速50マイル(80キロ)のローリングスタートからのレースです。結果は似たようなものです。最初はモデルXが先行しています。時速100マイル(時速161km)を超えたところでGT-Rニスモが通過し、ハーフマイルで勝利を収めました。

次に、日産をマニュアルモードにした上で、このレースを再実行します。今度は、GT-Rニスモがスタートから猛烈な勢いで追い上げ、テスラにはどうすることもできません。

最後のロールレースは、わずか時速30マイル(約48km)からのものです。また、テスラの充電残量が少なくなっているため、パワートレインがフルパワーを供給していない可能性があります。最初はモデルXがリードしますが、電気自動車のクロスオーバーが時速100km程度で走行しているときに、GT-Rニスモが通り過ぎます。

最後は、時速100マイルからのブレーキテストです。モデルXの方が重いにもかかわらず、モデルXが勝利を収めました。GT-Rニスモはカーボンセラミックディスクを搭載しているため、この結果は特に印象的でした。

今回のドラッグレースは以下の映像からご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました