テスラ、サイバーロデオで公開したサイバートラックの改良点は?

cybertruck TESLA News
https://twitter.com/RyanZohoury
スポンサーリンク

テスラのギガファクトリーテキサスでオープニングイベント、サイバーロデオが開催され、多くの人々がサイバートラックを目にしました。イベント開始前にもこの電動ピックアップトラックは、目撃されていました。

当初は写真撮影が禁止されていましたが、一部のゲストは鮮明なサイバートラックの写真を撮影することができました。サイバーロデオの参加者の中には、サイバートラックに関するいくつかの貴重な情報を共有している人もおり、ある参加者は、サイバートラックを素早く撮影することに成功しました。

サイバーロデオイベントの一部の参加者によると、テスラはサイバートラックにいくつかの改良を導入しているようです。

サイバートラックで発見された変更の一つは、車両のリアガラスが下がるとのことです。加えて、この車両には、ミッドガードも搭載される予定です。リアガラスが下がることで、サイバートラックの貨物輸送能力を最適化することができるはずです。

しかし、まだミッドガードについては準備中のようです。ミッドガードは、サイバートラックの荷台と助手席の間に隔たりを作るものですが、この記事を書いている時点では、ミッドガードを折りたたむことができる様子はありません。リアガラスが下がることを考えると、ミッドガードも同じようにする必要があると思われます。

興味深いことに、ギガテキサスに展示されたサイバートラックのプロトタイプの1つのクローズアップ写真には、モデルSとモデルXと同じヨークステアリングが写っています。

この車両に使われているヨークステアリングは、中央部が欠けていることから、これは当面の一時的な解決策である可能性が高いと思われます。また、内装もやや荒っぽく、このプロトタイプのエクステリアが本当の意味での「展示車」であることを示唆しています。

サイバートラックの詳細画像から、フロントフェンダーのサイドリピーターカメラが更新されていることが判明しました。テスラの他の車両に搭載されているカメラに似てきました。

https://twitter.com/RyanZohoury/

サイバートラックのプロトタイプでもうひとつ興味深いのは、車両のフェンダーフレアのひとつに見られるコンセプト充電ポートです。テスラが旧モデルのモデルSの充電ポートを使用していることから、実験的なものだと思われます。充電ポートの配置も少し不安定なようなので、このサイバートラックの開発は、まだ生産には至らないかもしれません。

イベントのライブ配信の様子は以下をご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

色々興味深いですね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました