テスラ、冷媒を使った新しい空調シートを開発か?

seat-patent TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

2019年2月、テスラは「温度制御システムを内蔵した車両用シート」の特許を申請しましたが、このたびその特許を更新したようです。

新システムは、必要に応じて冷媒を用いてシートを暖めたり冷やしたりするもので、最終的には快適性の向上と電力使用量の低減につながるとのことです。

この新システムは、現在のシートヒーター技術よりもはるかに効率的で快適なものとなるでしょう。従来、自動車のシートは暖房時にはヒーターに流れる電流によって暖められ、冷房時にはシート下のファンによって冷やされます。

電気抵抗による発熱を使った電気式シートヒーターと冷媒を使った新しいシートの違いは、電気ヒーターを搭載したテスラ車とヒートポンプを搭載したテスラ車に例えることができるかもしれません。

ヒートポンプ搭載車は、電気を直接使って熱を発生させるのではなく、冷媒を流すことで熱を取り出します。ヒートポンプは電気ヒーターに比べ、発熱・冷却効率が非常に高いのが特徴です。テスラがこの新しい温度制御シートヒーターに変更することで、同様の効率向上が期待できます。

一般的なシートヒーターは、暖房と冷房を3段階で設定し、手動で調整する必要があります。このタイプのシートヒーターは基本的にオン/オフスイッチであり、シートの温度をうまくコントロールすることができません。

テスラは最近、この問題を解決するために、テスラに自動シートヒーター機能を追加しました。この新しい自動設定は、シートヒーターを自動的にオンにし、車内が暖かくなると徐々にその温度を下げていくというものです。

しかし、テスラは今回の特許で、さらに優れた解決策を提供することを目指しているようです。

正確な温度制御

車内温度と同じように、シートの温度も正確に設定することができるようになるのです。

電気ヒーターよりも効率がよく、通気孔から冷風を送り込むよりも冷却効果が高くなります。

冷却性能の高いシート

シート内の空気を換気するだけでは、余分な熱を取り除き、快適に過ごすことはほとんどできません。

冷風を送り込むのではなく、シートにこもった熱を取り除くことで、エアコンのような働きをするのです。そうすれば、より効果的に体を冷やすことができます。

また、従来のシートヒーターは、布などの素材を何重にも重ねて熱を伝える必要があるため、場所を取り、効果的ではありませんでした。

バッテリーの加熱・冷却に液体を使うのと同じように、シートの層間に液体を循環させることで、より効果的に熱を伝えることができるのです。

今回の新しい特許では、シートの内部に複数の層を設けています。シートの一番外側の層の下に、加熱・冷却用の流体の層があります。この層の下で流体がシート全体を循環し、すべての部分が均一に加熱・冷却されるようにします。

この特許は、テスラがいかに革新的で、ユーザーにとってより効率的で快適で楽しい自動車を作るために、あらゆる方法で細部にまで気を配っているのかを示しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

冷却は「結露」があるのでそうかんたんではない気がします。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました