フランスでテスラモデル3がEV市場をリード、ガソリン車を上回る

model3-darkgray TESLA News
スポンサーリンク

フランスで電気自動車市場が大きく盛り上がり、初めてガソリン車の販売台数を上回りました。テスラ モデル3がフランスのEV市場をリードし、EV革命の先陣を切っています。

2022年第1四半期のフランスにおける新型EVの販売台数は、史上初めてガソリン車を上回り、重要な節目を迎えました。

3月の国内新車販売台数が2割近く減少したことを背景に、EVの成功はより大きな意味を持つようです。自動車メーカーはサプライチェーンの問題に引き続き直面しており、ロシアのウクライナ攻撃により、欧州諸国が侵略国のエネルギーに依存する問題が急浮上しています。また、ガソリン価格の高騰により、環境面だけでなく経済性の面でも正しい選択であるEVへの早期切り替えの重要性が増しているのが現状です。

自動車会社プラットフォーム(PFA)が提供する業界データによると、フランスにおける2022年第1四半期の電気自動車(BEV)とハイブリッド車の販売台数の合計はほぼ40%で、ガソリン車の販売台数は38.3%、ディーゼル車の販売台数は16.5%であったということです。BEVだけを考えれば、そのシェアは11.9%になっています。

EVでは、テスラモデル3が6,636台を登録し、文句なくトップとなっています。2位は4,953台の登録台数を誇るダチア・スプリングです。

ロイターによると、プジョー208が3位に入っているが、このモデルの登録台数については別途情報を提供しておらず、プジョー208II全体の販売台数のデータを提供しています。そしてルノー・ゾエは3,577台を登録し、ランキングの4位を獲得しました。現代コナは3,025台の登録台数でトップ5を締めくくっています。しかし、1,845件の登録で6位に入っているテスラモデルYの成功は注目に値します。

フランスでは、EVへの関心が非常に拡大しており、テスラのモデルを好む傾向が強まっています。ギガファクトリー・ベルリンが生産を拡大すれば、ヨーロッパ諸国にとってより手頃な価格で提供されることになり、需要がさらに喚起されるはずです。

ギガファクトリーベルリンでのモデルY納車イベント
この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

充電設備もたくさん必要になりますね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました