テスラ、世界最長のスーパーチャージャー・ステーションを開設

supercharger-in-france00 TESLA News
Credit:Electrek
スポンサーリンク

テスラは、フランスのスーパーマーケット企業との提携拡大により、「世界最長のスーパーチャージャー・ステーション」を開設しました。

世界にはもっともっと大きなスーパーチャージャーステーションがありますが、どうやらこれより長いものはないようです。

テスラは現在、スーパーチャージャー・ネットワークを素晴らしいスピードで拡大しています。

2020年末には2,564カ所のステーションに23,277台のスーパーチャージャーを設置していたのが、2021年末には3,476カ所のステーションに31,498台のスーパーチャージャーを設置しました。これは前年比35%のペースで拡大しているということです。

しかし、同期間に87%成長した車両販売台数に比べると遅れをとっています。その上、現在はテスラ以外のEV所有者にもネットワークの利用を徐々に許可し始めているのです。

また、2年以内にスーパーチャージャーネットワークを3倍にするというテスラ社自身の目標にも遅れをとっています。

しかし、それでもテスラは、新しいステーションやより大規模なステーションを素晴らしいスピードで展開しています。

ほとんどのステーションは似たような特徴を持っていますが、その中でも今回は特に興味深いものになります。今週フランスでオープンした新しいステーションは、「世界で最も長いテスラのスーパーチャージャー」ということで注目されています。

テスラは、フランスのスーパーマーケットであるイー・レクレークと提携し、彼らの拠点にスーパーチャージャーのステーションを開設することを開始しました。

先月には、イー・レクレーク・モンタルバンの店舗に16ストールのV3スーパーチャージャーを、サン=ゴーダンスの店舗に8ストールのV3スーパーチャージャーを開設しています。

今週、テスラはイー・レクレーク・ボーヌに新しいV3スーパーチャージャーをオープンしました。これは28ストールのステーションで、大きなステーションですが、「世界最大」の数にするには少しストール数が不足しています。

しかし、テスラのフランスにおける充電インフラ担当地域マネージャーであるクェンティン・ヴァニエール氏によれば、「世界最長」のスーパーチャージャーになるように構成されているとのことです。

28基のストールが横並びになっているため、写真で見ると特に長いように見えます。

https://electrek.co/2022/04/01/tesla-opens-longest-supercharger-station-world/

また、このステーションは、テスラのスーパーチャージャーネットワークへのアクセス開放のためのパイロットプログラムの一環として、テスラのオーナーだけでなく、すべてのEVオーナーに開放されているフランスでも数少ないステーションの一つとなっています。

テスラは、数日で新しいステーションを展開できる新しいプレファブ方式を中心に、今後もスーパーチャージャーのステーション展開を加速していくものと思われます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

でかいし長い。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました