新しい充電方式は、より多くの電気自動車にテスラスーパーチャージャーのような利便性をもたらす?

super-charger TESLA News
スポンサーリンク

テスラのドライバーにとって、外出先での充電は非常に簡単なプロセスです。

スーパーチャージャーにプラグを差し込めば、充電が開始され、認証と課金は自動的に行われます。残念ながら他の急速充電器ネットワークの不幸なユーザーは、通常、充電を開始するために「ログイン」する必要があり、時にはクレジットカードを読み取り機に通す必要さえあります。

しかし、この不便な状況に対して救いの手は差し伸べられています。

プラグ&チャージ(充電の相互運用を可能にするために作られたシステムの呼称)は、会員カードやスマートフォンアプリを必要とせず、どのメーカーのEVでも自動的に充電を開始できる新しいシステムのことです。

supercharger

このたび、欧州で異なるネットワークの充電ステーションを利用できるeローミング・プラットフォームの開発元であるハブジェクト社が、開発中のプラグ&チャージのエコシステムを標準化する独自のプロトコルを公開しました。

ハブジェクト社のオープン・プラグ&チャージ・プロトコル(OPCP)は、すべての充電ネットワーク参加者間の互換性を高め、共有利用オプションを標準化するために設計されています。

ハブジェクト社は、この規格を公開することで、「ソフトウェア技術者やEV充電の専門家が、顧客志向で使いやすいEV充電ソリューションの開発に専念できるようになる」ことを期待しています。

「プラグ&チャージの市場が急速に拡大しているため、メーカーごとに非常に異なるさまざまなプロセスが存在します。ロックイン効果のない自由なアクセスは、充電ソリューションを提供する充電ステーション事業者やモビリティサービスプロバイダーにとって不可欠な基準となるでしょう。」

これは、2018年から実施されているISO15118に基づくサービスを提供する企業をつなぐためのソフトウェアソリューションであるハブジェクト社のプラグ&チャージ・エコシステムに基づいています。ハブジェクト社によると、多数のEVメーカーや充電プロバイダーがこのソリューションに基づくサービスを開始しているということです。

ハブジェクト社は、オープン・プラグ&チャージ・プロトコルを契約証明書プール(CCP)やルート証明書プール(RCP)などのプール利用における効率的なツールと呼んでいます。ハブジェクト社のオープン・プラグ&チャージ試験システムにより、企業は独自のプラグ&チャージの実装をテストすることができます。

「オープンソースとオープンコミュニティへのコミットメントの一環として、すべてのソフトウェア技術者と市場関係者が、技術的ロックインのリスクに直面することなく、優れた顧客体験のための(基盤としての)プラグ&チャージを採用できるよう、オープン・プラグ&チャージ・プロトコルを公開できることを誇りに思います」と、ハブジェクト社のCEOクリスチャンハーン氏は述べています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラのスーパーチャージャーの充電体験は非常に良いものです。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました