米運輸省、燃費規制を満たさない自動車メーカーへの罰金を引き上げ

petrol TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、長年戦ってきた重要なテーマを勝ち取りました。米運輸省交通安全局(NHTSA)は、2019年以降のモデルで燃費基準を満たさない自動車メーカーに対する罰金を2倍以上に引き上げると発表しました。

判決によると、2019年から2021年に製造されたモデルについては、基準を10mpg(マイル・パー・ガロン)超過するごとに罰金は5.50ドルから14ドルに上昇します。更に2022年モデルについては、15ドルに上昇します。この罰金の額は販売台数に掛け合わされて算出されます。今回の最終規則は近く連邦官報に掲載される予定です。

テスラは、燃費基準を満たさない自動車メーカーに対する厳しい罰則を実施するために、何年も前から争ってきました。内燃機関を搭載した自動車の使用は、深刻な環境汚染を引き起こし、地球の気候状況を悪化させることにつながります。罰則を強化することで、メーカーは燃費向上技術の早期導入や、電気自動車の開発をより積極的に進めることになります。新ルールはパブリックコメントを募集し、連邦官報に掲載されてから60日後に発効する予定です。

tesla-and-supercharger

「NHTSAの行動は法的義務を果たすために必要なものであり、消費者の省エネにもつながります」と、全米資源保護協議会の弁護士、アレックス・トム氏はブルームバーグ誌にこたえています。”今、この値上げ調整された罰金で、既存自動車メーカーは多様な燃費節約技術を使う事で燃費基準を満たす可能性が高くなります。”

NHTSAを監督する運輸省は、昨年初めて新基準を提案した際、2024年から2026年のモデルイヤーで燃費を毎年8%向上させ、2026年のモデルイヤーまでに全車両平均で1ガロン当たり12マイル走行距離が延びると推定できる、と述べています。

NHTSAは、2024年モデルの新ルールを確定するため、3月31日の期限に直面しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました