テスラ モデル3、2022年5年間維持コストのアワードを受賞

CR-Magazine-InlineHero-The-Most-Satisfying-Cars-On-The-Market-Tesla-Model-3-02-21 TESLA News
スポンサーリンク

テスラ モデル3は、このほどケリー・ブルー・ブック(以下KBB)が発表した2022年の5年間維持コストアワードを受賞しました。KBBの5年間維持コストアワードは、自動車の所有に関わるコストを評価するものです。これには、車両価格、メンテナンス費用、燃料または充電料金、あらゆる税、登録料に加え、5年間の所有期間における車の減価償却費などが含まれます。

5年間維持コストアワードについて
ケリー・ブルー・ブックの5年保有コストデータは、自動車を所有する最初の5年間に発生する自動車関連コストの合計を評価しています。これには、車両の購入価格と再販価値が含まれます。また、5年間の車両保有コストの予測には、保険料、燃料費、メンテナンス費用、税、登録料も含まれます。しかし、自動車を所有する期間に支払う金額に影響を与える最大の項目は、減価償却費です。この重要な数値は、売却や下取りの時期が来るまで、ほとんどの所有者に影響を与えません。

今回の調査会社KBBの調べによると、2022年のテスラ・モデル3は、5年間の所有コストが48,233ドル(約570万円)で、「電動高級車」セグメントでリードしています。このモデル3の5年間の所有コストは、セグメント平均より16,411ドル(約194万円)も低い結果となっています。これは、特にモデル3が現在のテスラのエントリーレベルの車であることを考慮すると、非常に素晴らしい結果です。

tesla-model3-white-side

特に、テスラのような電気自動車は、内燃エンジンを搭載した自動車ほどメンテナンスを必要としないことを考えれば、モデル3がKBBの2022年5年間維持コストアワードを受賞したことは、いわば当然のことであると言えます。また、テスラのエコシステムの一部であるモデル3は、「電動高級車」セグメントの一部のライバルが享受していない数々の特典、例えば、非常に便利でお得なスーパーチャージング料金などを享受しているからです。

テスラ・モデル3はここ数カ月でずいぶん値上げされているが、それでもかなりお買い得な電気自動車であることは間違いありません。これは、KBBが2022年のテスラモデル3のレビューで強調したことで、KBBによると、モデル3の乗り出し価格は、アウディA4、レクサスIS、BMW3シリーズ、その他のほとんどの従来のコンパクト・ラグジュアリー・セダンと同程度となっています。

なかなか興味深いのは、特にテスラの新型4680バッテリーのようなイノベーションの登場により、モデル3のコストがすぐに適正化するかもしれないということです。テスラの4680バッテリーは、メイド・イン・テキサスのモデルYでデビューしますが、同社は将来、より多くの車両にこのイノベーションを展開するつもりです。4680セルが車両の生産コストを下げるために設計されていることを考えると、モデル3が将来的に同じ構造を持つことはほぼ間違いないでしょう。そして、そうなれば、KBBの5年間維持コストアワードの受賞車として再び登場する可能性が高いと考えられます。

テスラは現在、米国ではモデル3の3つのバリエーションを販売しています。電気モーターをリアに1個搭載したベースモデルRWDは、補助金適用前の価格が44,990ドル(約532万円)から、デュアルモーター全輪駆動システムを搭載したモデル3ロングレンジAWDと呼ばれるミッドレンジのバリエーションは51,990ドル(約615万円)から、モデル3パフォーマンスと呼ばれる最上級のバリエーションは58,990ドル(約698万円)で提供されています。

特にパフォーマンスグレードは高級車の領域に入りますが、パフォーマンスは0-60mph加速が3.1秒とテスラが公表しているように、はるかに高価な車に匹敵する能力を備えています。

ケリー・ブルー・ブックの5年間コスト・トゥ・オーナー・アワードの全受賞車は、こちらでご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

確かにモデル3は維持コストが非常に安価なのな事実です。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました