テスラモデルY、モデル3が米国道路安全保険協会の2022年トップ・セーフティピック・プラスに選出!

IIHS-model-3 TESLA News
https://www.iihs.org/
スポンサーリンク

テスラモデル3とテスラモデルYは、米国道路安全保険協会(IIHS)の最も栄誉ある賞、トップ・セーフティピック・プラスを受賞するリストの中に含まれることになりました。

ここで重要なのは、IIHSに関しては受賞年が非常に重要になることです。例えば、あるモデルが2021年のトップ・セーフティピック・プラスに指定されているか、2022年のトップ・セーフティピック・プラスに指定されているかは、よく見ないと判断できません。その理由は、IIHSが基準を更新することで、受賞をより難しくし、自動車メーカーに安全なクルマの生産を促すためです。

https://www.iihs.org/

とはいえ、同団体は2021年から2022年にかけて基準を変えませんでした。つまり、昨年と同じ基準で、今回はより多くのクルマが資格を得たということになっています。実際、2022年のトップ・セーフティピックまたはトップ・セーフティピック・プラスを獲得したモデルは合計101車種となり、2021年の90車種を上回りました。これは、新型車やモデルチェンジした車が受賞したことと、それぞれの自動車メーカーがヘッドライトを改良してテストでの性能を向上させたことが主な要因です。全101モデルのうち、半数以上がより権威のある「プラス」賞を獲得しています。

https://www.iihs.org/

来年はさらに審査基準を厳しくする予定になっています。「IIHS 2023 トップ・セーフティピック・プラス」を受賞するためには、より難しい側面衝突試験で最高ランクの「Good」を獲得する必要があるのです。IIHSのデビッド・ハーキー社長は、コンシューマーレポート誌に掲載された声明のなかで以下のように表現しています。

「IIHSが評価プログラムを開始して以来、25年以上にわたって自動車の安全性が向上し続けている主な理由は、私たちが決してハードルを上げることに躊躇してこなかったからです。トップ・セーフティピック・プラスの受賞台数の多さは、さらなる変化を推し進めるべき時であることを示しています。」

モデル3の2022年トップ・セーフティピック・プラス受賞は、2017年から2022年までのすべての車両に適用されてます。モデルYについては、2020年から2022年までの全モデルが対象となります。

テスラ車はいずれも、IIHSの6つの衝突試験すべてで最高評価の「Good」を獲得したほか、レーダーに頼らなくなった標準装備の車対車、車対歩行者用前面衝突防止システムも最高評価の「Superior」を獲得しています。

ヘッドライトについては、モデル3が全モデルで最高評価の「グッド」を獲得し、モデルY パフォーマンスは、ヘッドライトの両バリエーションで最高評価の「Good」を獲得しましたが、モデル Y ロングレンジは「若干の眩しさ」により2番目に高い評価の「Acceptable」となっています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ車は自動車として「安全」なのですよね。エンジンもないし、構造が単純なのでクラッシャブルなのだと思います。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました