テスラ モデルS Pladの芸術的な「パッケージング・シンフォニー」

tesla-models-plaid-rear-cradle01 TESLA News
https://youtu.be/AAKwoZqaPbk
スポンサーリンク

テスラ モデルS Plaidは、どこから見てもまさに芸術品です。

クラシックなデザインに現代的なディテールをふんだんに取り入れたこの車は、時代を超えた存在であり、新しい技術的ソリューションとコンポーネントによる高い性能は、新世代の車と呼ぶにふさわしいものです。

ムンロ・アンド・アソシエイツの自動車専門家であるサンディ・ムンロ氏は、テスラ・モデルS Plaidを分解し、みなさんと共有する機会がたくさんあります。これまでサンディはモデル3とモデルYのみを対象にし、モデルSやモデルXを解体したことがなかったため、この分野の経験があるムンロ&アソシエイツのプログラム・マネージャー、ジョーダン・アロチャを招きました。この分解の専門家はテスラモデルS Plaidのリアクレイドルと電気駆動モジュールを調査し、非常に興味深い発見をしました。

https://youtu.be/AAKwoZqaPbk

リアクレイドルおよび電気駆動モジュールには、モーター、ギアボックス、リアサスペンションなど、車両に高い負荷の機能を与える多くの部品が搭載されています。

アロチャ氏は、テスラがクレードルを高級アルミニウム合金で作り、設置場所や収納物によって理想的にマッチングさせたことに注目しています。彼は、アッパーキャンバーリンクを支える仕事をする大きな単一ピースの鋳造部品があることを指摘しています。

また彼は、リアサブフレーム全体のアーキテクチャが非常に硬く、サスペンションを実にうまくチューニングできることを強調しています。

つまり、この部分の設計がより硬く、より安定していればいるほど、サスペンションのチューニングが容易になり、ドライバーはより良いパフォーマンスを体験することができるのです。

https://youtu.be/AAKwoZqaPbk

ジョーダンは、クレードルと電気駆動モジュールのパッケージングは、一流の仕事の成果である芸術的な「パッケージング・シンフォニー」であると強調します。

すべての部品がこの構造体に完璧に収められ、見た目がかっこいいだけでなく、テスラのエンジニアと組織横断的なチームの多大な努力が反映されているのです。

これを見ると、モデルS Plaidは完全に新世代のクルマだとジョーダンは主張しています。

また、世界の主要自動車メーカーのほとんどと仕事をしてきたサンディ・ムンロ氏は、「1つの自動車メーカーのさまざまなチームの仕事がこれほどまでに結実したことはない」と強調しています。

テスラモデルS Plaidのリアクレイドルと電気駆動モジュールは、ひとつの構造物に対して異なる部署が異なるパーツを作っていたのではなく、ひとつのチームが密接に連携してこの素晴らしい構造を作り上げていたことを見事に証明しています。

この素晴らしい製品は、テスラのチームが非常に緊密な協力体制を築いていることを示しており、これは自動車業界ではあまり類を見ない素晴らしいことです。

この芸術的な部品構成は以下の映像でご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・追加・編集・改変して作成しています。

Appleにも似たような特徴がありますが、見えない内部まで合理的に、効率的に作ってそれが芸術的な美しさを持つ、ということですかね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました